2017京王杯2歳ステークスの予想です。本命アサクサゲンキ

スポンサーリンク

大雨が続いていたので馬場の回復が気になるところ。

今週は天気がよかったし「そこそこ速い馬場」と予想します。

 

この時期の2歳戦は前に行ける馬を買いたい。ということもあって本命はアサクサゲンキにしました。

 

まず前走の小倉2歳Sはかなりのハイペースのなか外目を先行して直線突き放す強い内容でした。

スピードが勝っている印象もあり1400でどうかなぁとも思いますが、音無調教師は「稽古がけするタイプではないので、こういう馬は案外距離が持つ」なんてコメントもしています。たしかに調教がけするタイプの馬はスプリンターであることも多いですし、こういうケースもあるのかなと妙に納得しました。

まぁお姉さんはローズS馬のラビットランだし血統的にも生粋のスプリンターという感じではなさそうです。

東京競馬場は直線前の大きなコーナーで息を入れやすいところもありますし、距離についてはさほど心配ないんじゃないでしょうか。

新馬以降馬体重が減っているのと初の関東圏への輸送が気になるので、当日の馬体重やパドックでの気配は要注目です(`・ω・´)

 

スポンサーリンク
 

 

対抗はカシアス。

なかなか信頼できそうな馬もいなくてオッズと実績からカシアスを対抗にしました。

ローテや血統を見ても昨年勝ち馬のモンドキャンノと適正が近いのではないでしょうか。

まぁモンドキャンノと違ってノーザンの外厩使えないことから休み明けでどうかなぁとも思いますし関東への輸送も心配と言えば心配ですが。

 

▲評価はトーセンアンバー。

前走はなかなか強烈な末脚を見せました。

ゲートの出が悪くてどうしても後ろからの競馬になってしまいますが、スローになりそうなメンバー構成で一発あるかもしれません。

 

△タワーオブロンドン

ずっと外枠でレースをしていたなかで初の最内枠というのがどうかなぁと。

高速馬場への適正もまだ疑問が残ります。

ルメール騎手はステルヴィオというお手馬もいて朝日杯で被ってしまいます。

どちらを選ぶか判断するためにも「脚を計る」可能性もあり、差し損ねるケースも考えられます。

とはいえ、過去のレースを見ても能力は高いですしあっさり勝っても不思議はないですねぇ…

 

△タイセイプライド

テンのスピードもありますし勝負所で加速できるレースセンスの高さも感じます。

前走は新潟への輸送が影響したのか少し出遅れてしまいました。

今回内目の奇数枠に入ったこともありますし休み明けや輸送を考えるとちょっと評価を落とさざるを得ないかな。

 

スポンサーリンク
 

 

◎アサクサゲンキ

○カシアス

▲トーセンアンバー

△タワーオブロンドン

△タイセイプライド

 

前走3着以下を大きく離しているピースユニヴァースも気になるんですが、点数多くなっちゃうので上記の5頭を中心視します!