/*「詳細設定」->「headに要素を追加」にコピー*/

JBCレディスクラシック、スプリント、クラシック感想

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

↓こちらははてなブログの読者登録ボタンです↓

先週金曜日に行われたJBCシリーズ!の予想の結果や感想です。

 

JBCレディスクラシック

◎ホワイトフーガ…11着

○アンジュデジール…5着

▲ワンミリオンス…4着

△タガノヴェローナ…6着

△ララベル…1着

 

本命のホワイトフーガはまさかまさかの11着…レース後コメントによると喉鳴りが酷くなっていて引退の話も出ているようですね。

常に喉鳴りの危険性を孕んでいる馬なわけで他の馬を本命にする思い切りも必要だったかなぁと反省。

2着にはプリンシアコメータが入りました。

こちらは右回りでの実績が乏しかったので印をつけられなかったんですが、コーナーリングの技術が高い武豊騎乗ということもあり、もうちょっと評価してもよかったかなと思います。

3着は地方馬ラインハート。

200倍を超える単勝オッズではありますが中央馬タガノヴェローナに次ぐ8番人気とそこそこ評価されていましたね。

喉鳴り持ちのホワイトフーガをはじめ中央馬はどの馬も信頼性に欠ける状況だったわけで、こういうところで人気薄の地方馬を拾える「思い切りのよさ」というのがギャンブルで勝つには必要だなぁと思いました。

 

スポンサーリンク
 

 

JBCスプリント

◎コーリンベリー…6着

○ニシケンモノノフ…1着

▲コパノリッキー…2着

 

逃げを主張するコーリンベリーに対してニシケンモノノフがすぐに控えてくれたので展開向きそうだったんですが、思いのほか好走したネロがいたせいか最後バタバタになってしまいました。

ニシケンモノノフは前日発売で2倍を切る1番人気になっていて評価を下げたんですが、蓋を開けてみると単勝4.5倍の2番人気となかなか美味しいオッズになってました…(´・ω・`)

地方競馬の前日オッズは考慮しちゃアカンですね…

コパノリッキーはマイルでの競馬から1200でも通用するとは思っていたんですが、ここまで強い競馬をするとは思わなかったです(*_*)

 

JBCクラシック

 

◎グレンツェント…5着

○アウォーディー…4着

▲アポロケンタッキー…8着

△ケイティブレイブ…2着

△サウンドトゥルー…1着

 

本命グレンツェントはいいところもなく(´・ω・`)5着でした。

レース後コメントによると休み明けも影響したようなので次走も狙ってみたいです。

対抗のアウォーディーはミツバを目標にいいポジション獲れたんですが全然伸びなかったなぁ。直線入口でもソラを使っていましたしやっぱり気性的にも難しい馬ですね。

武騎手のコメントによると左回りの方が向いているようで、チャンピオンズCでの逆転を期待したいです。

アポロケンタッキーはスロー専用なんでしょうかね。日本テレビ盃にしても東京大賞典にしても道中13秒台のラップがあるので、そういったレースですんなり先行できればといったところでしょうか。みやこSを見る限りじゃ少しペース上がってもやれそうではあったんですがG1だと厳しいのかもしれません。

内田騎手のコメントによると「砂をかぶったせいもあるかも」とというのもあって、実力はあるだけになんとも難しい馬ですね。

 

スポンサーリンク
 

 

1着はサウンドトゥルーでした。

芝スタートのフェブラリーステークス以外は非常に安定しています。

ある程度ペースが速くなった方がよさそうなのでテイエムジンソクの出走が予定されるチャンピオンズCでも有力な存在ですね。

2着ケイティブレイブは脚質の幅が広がって安定感マシマシです。

オールブラッシュにしてもアウォーディーにしてもアポロケンタッキーにしても展開や気性の面で安定感を欠きますし、ケイティブレイブは今後もっと活躍が期待できますね。馬群を捌くのが苦手な福永騎手なので中央場所で差し競馬した場合にどうかなぁとも思いますが。

 

おわりに

どのレースも1着馬に△はつけれたんで予想自体はさほど悪くなかったかなぁと。

まぁ馬券は全敗でしたが(´・ω・`)

最近のダートレースは非常に混戦で予想も難しいですネ。