2017マイルチャンピオンシップの予想です。本命レッドファルクス

スポンサーリンク

 

2017マイルCSの予想です。

兼ねてから期待していたエアスピネルがムーア騎手に乗り替わりということで非常に残念…

豊騎手の怪我の具合もあるんでしょうが、これだけの名騎手に対して酷い仕打ちだなぁと。

せめてムーア騎手が騎乗する予定だったクルーガーでも乗せればよかったのになぁ。

 

さて、本命はレッドファルクスにしました。

土曜京都のレースを見ると内から5~7頭くらいの若干外目のところがよく伸びているように見えました。

当日良馬場まで回復すれば内伸びの馬場になる可能性もありますが、ロスなく立ち回って直線外目のポジション獲れる馬を重要視したいと思います。

 

安田記念では内で競馬をしつつも直線では加速しながら大外に持ち出すという器用なレース運びが出来ましたし、ここでも期待したいです。

スタミナに関してもあれだけペースが速かった安田記念で最後まで伸びてきましたしマイルでも全然大丈夫でしょう。

ペースが落ち着けば安田記念以上のパフォーマンスも期待できると思います。

 

心配なのはミルコ騎手ではなく弟のクリスチャン・デムーロ騎手ということくらいでしょうか。

気性が大人しいので乗り替わり自体は問題なさそうですが、ミルコ騎手のようにうまく進路を獲れるかどうか。

 

対抗はイスラボニータ

若干折り合いに難があるんですが外目のウインガニオンやジョーストリクトリを壁にして前目の内目でポジション獲れればなぁと。

ドン詰まりした安田記念を除いて非常に安定していますし特に不安の少ない一頭ですね。

 

▲マルターズアポジー

能力や展開、馬場を考えると上位評価したい一頭なんですが臨戦過程に不満があって少し評価を下げました。

夏から秋の暑い時期に3連戦して短期の休み明けっていうのはどうでしょうか。

とはいえ前走にしても前がほとんど潰れているなかで58キロ背負って4着に残っているわけですから地力はこのメンバーでも通用するでしょう。

武士沢騎手にとっても初のG1へ大きなチャンスですね!

 

△レーヌミノル

スロー気味のレースと予想しているので1400でも通用するスピード馬を選びました。

秋の京都G1で結果を出している和田騎手ですし、スロー予想なら印を回しておきたいですね。

 

△サングレーザー

スワンSは内がぽっかり空いたこともあったのであまり評価できないんですが、条件戦の内容もよかったのでチャンスはあるんじゃないかと。

 

△クルーガー

昨年のマイラーズCの内容よかったですし元々ムーア騎手を予定していたということもあってノーザンからの期待も高いんじゃないでしょうか。

シュタルケ騎手がなーどうかなぁというのもあるんですが、今年は重賞でも馬券に絡んでいますし複勝圏内なら十分あるかと。

スローでゴチャつくと厳しいかなぁとも思いますが。

 

無印エアスピネル

気性的に難しいところもあってテン乗りではあまり買いたくないなぁと。

東京新聞杯を見てもスローの切れ味勝負になると見劣りするところが出てくるので仕掛けどころも難しい馬だと思います。

とはいえ能力自体に疑いないですし馬場も恵まれそうです。乗り方次第では悲願のG1制覇もありそうです。

 

無印ペルシアンナイト

内目の枠を獲れたら本命にもと考えていたんですが、さすがに大外枠ではなぁ。

ペースが上がって縦長の展開になればワンチャンあるかもしれないですが、ちょっと厳しいだろうなぁと。

 

無印グランシルク

本来1400向きだと思うのでチャンスあるかなぁとちょっと悩んだんですが、スローの1600で詰めの甘いところがあった馬なので無印にしました。

春から使い詰めなのもどうでしょうか。

 

無印サトノアラジン

馬場も合わなそうですし内枠じゃあなぁ。

最後の直線で真っ直ぐ走ってこれれば結果を出せる馬ですが、スローでゴチャついた場合に相当外を回さなきゃいけないわけで厳しいでしょう。

 

まとめ

◎レッドファルクス

○イスラボニータ

▲マルターズアポジー

△レーヌミノル

△サングレーザー

△クルーガー

無エアスピネル

無ペルシアンナイト

無グランシルク

無サトノアラジン