/*「詳細設定」->「headに要素を追加」にコピー*/

【競馬予想】2018京都牝馬ステークスの予想です。本命ミスパンテール

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

↓こちらははてなブログの読者登録ボタンです↓

 

1400への距離変更後はクイーンズリング、レッツゴードンキのような実績馬の活躍が目立ちます

一方でマジックタイム、ワンスインナムーンがその後の重賞戦線で活躍を見せ、出世レースとしての一面も見られます

今年もワンスインナムーンやソルヴェイグといったG1でも活躍する実績馬に加えて絶好調の4歳世代も多く、なかなか面白いメンバーが揃いました

 

馬場について

先週の開催は内が伸びない馬場でした

昨年の京都牝馬Sにしても緩いペースで逃げたムーンエクスプレスが5着、直線で内を選択したアットザシーサイドが2番人気の8着

その前の年は内を進んだウリウリが2番人気の5着、直線で内に大きくヨレたスナッチマインドが4着という結果でした

内を進んでも掲示板には残っているわけで能力や展開が噛み合えばチャンスもありそうですが、基本的には内を進みそうな馬は割引でいいんじゃないかと

さらに最終週で馬場も荒れていそうなので若干タフそうな馬場でも結果を残している馬に注目したいですね

 

展開について

ワンスインナムーンが主張してソルヴェイグがどう出るか

ソルヴェイグは「前走他馬を気にしていたところがあった」とのことで揉まれないポジションを狙いそうではある

外枠のエンジェルフェイスも逃げたい一頭ではありますが、スローで結果を残している逃げ馬でさらに1400への短縮となると、よっぽど競りかけて行かない限りハナに立つのは厳しいんじゃないかと

前走逃げれなかったアリンナもブリンカー再着用ということで主張する可能性が高そう

前半35秒からもうちょっと速いくらいを想定して予想します

 

予想

◎ミスパンテール

気性の難しいところがあるので距離短縮は向くはず

ただ過去2走のレースぶりからスロー専かも?ってのもあってちょっと不安もある

ダイワメジャー産駒が距離短縮得意なのでペース上がることは問題ないとは思うんですが

母父シンボリクリスエスで最終週のタフな馬場も対応できそうだし横山典騎手がダイワメジャー産駒と相性いい(ロードヴァンドール、ミリッサなど)印象があります

外差し利く馬場も合いそうなので

 

○ミスエルテ

外伸び馬場で能力出しきれればチャンスもあるかなぁと

3歳春のレースは馬体の減りもあって参考外、復帰後の2戦も重馬場や高速馬場が影響した感じがある

内目の枠で壁を作れれば折り合い面でも幾分かマシになるだろうし今回は帰厩後10日での出走ということでなにかしら改善もあるかもしれない

 

▲エスティタート

キレ味勝負になると分が悪いですがある程度流れて好位獲れれば崩れないです

最初の直線も長いし少頭数の大外枠なら競馬もしやすいでしょう

豊騎手が京都得意で土曜メインも得意なのでそういうところでもチャンスはあるんじゃないでしょうか

 

△オーヴィレール

日曜の斑鳩Sを予定していたようなんですが調教がよかったせいかこちらに出走することになりました(第721回:フェブラリーS週 | 採れたて!トレセン情報 | うまスクエアさんより)

スタートが上手なので先行勢を見ながら外に出せるポジションを獲れそうです

OP2着の実績もあるし前走時計のかかる馬場でも結果を残しました

立ち回り次第ではチャンスもありそうです

 

△ソルヴェイグ

能力的にも上位だし瞬発力があるので直線で外に出せることを評価しました

ワンスインナムーンはともかくとしてアリンナ、エンジェルフェイスがどこまで主張するかが難しく、ゴチャついて最序盤でのポジショニングが悪くなる可能性が不安

 

△ヴゼットジョリー

強い4歳世代のなかでアーリントンカップまでは一線級の馬を相手に好勝負していました

桜花賞以降なかなか結果が伴わないですがまだ底を見せていないところもあるので一応押さえておこうかと

 

△デアレガーロ

前走の末脚は強烈でした

気性の難しいところがあるので関西輸送と高速馬場向きかもってところが不安で押さえ評価まで

 

ワンスインナムーンは直線で内を通ることになりそうなこととペースが厳しくなる可能性もあるので買えなかったです

 

まとめ

◎ミスパンテール

○ミスエルテ

▲エスティタート

△オーヴィレール

△ソルヴェイグ

△ヴゼットジョリー

△デアレガーロ