【競馬予想】2018阪急杯の予想です。本命ダイアナヘイロー

スポンサーリンク

 

中山と同じく開幕週の阪神競馬

土曜最終レースではラスト2Fで10.6というラップが出ていたことから見ても「かなり高速馬場」に見えます

阪神1400は長い下り坂もあって先行馬が流れ込みやすいコースになっているので、高速馬場も相成ってその傾向はより強くなるのではないかと予想します

 

予想

◎ダイアナヘイロー

シンプルに前目を走る馬のなかでは実績能力ともに1番かなと

夏場の疲れも影響したであろうスプリンターズSはともかく、前走シルクロードSの内容は物足りないところもあるんですが、スタート直後に隣の馬と接触したことでカーッとなってしまった感じもあり、度外視していいと思います

フミノムーンが3着に突っ込んで来れるような馬場状態も向かなかったはずで、開幕週の高速馬場なら一変期待できるでしょう

心配なのはニシノラッシュの立ち回り

昨年の函館SSもですが武さん逃げてると幸騎手がけっこう突っかけて行くケースがある

福島調教師が今週で引退なので無理にハイペース作りに行くことはやらないとは思うんですが…

 

○レッドファルクス

能力的には1番ですね

前走マイルCSも直線で進路ミスったのが敗因で、スムーズなら上位もあったレースぶりでした

本命にもと考えていたんですが、内枠の上に乗り替わりで川田騎手というのが少し不安

基本的に重賞での川田騎手の好走パターンは「外回す」「先行する」ケースが多いので、この枠でスムーズに外に出せるか?と(昨日の土曜最終も酷い詰まり方してたし)

ただ、川田騎手このコース非常に得意なんですよね

f:id:mugi_1023:20180225024507j:plain

(引用:うまスクエアさんより)

さらに下り坂で加速しながら直線に向かうコースで、比較的内外広がりやすいので外出すチャンスも少なくないはず

 

▲アポロノシンザン

昨年夏の新潟でのレースぶりがよく、新潟日報賞では33.4-35.2という2秒近い前傾ラップを押し切る好内容

2着が重賞でも実績のあるビップライブリーだっただけにレースレベルも高い一戦でした

信越Sではラスト3Fから11.6-11.0というラップを披露し、加速力の高さも証明できました

前半34秒台半ばくらいでレースメイクできればチャンスは大きいと思います

枠順の差も考慮して3番手評価

 

△ミッキーラブソング

昨年は2秒近い前傾ラップで先行勢が崩れたレース展開のなか、外目先行して6着と健闘しました

今年は内目前目のポジションを獲れそうだし距離延長で行き脚つけばチャンスもあるかなと

 

△ペイシャフェリシタ

2走前はレースレベルに疑問が残るものの強烈な末脚を発揮しました

前走も楽逃げするナックビーナスを相手に0.1差まで追い詰める好内容

内枠活かして立ち回れればチャンスもあるかなと

 

△モーニン

馬場状況が阪神Cと似ていると思うので、上位陣の出走がない今回はチャンスもあるかなと

 

△モズアスコット

こちらも阪神Cの好走を評価して

ただやっぱり枠が不安で、外々回る可能性も高いので

 

そのほか

・シュウジ

喉の病気もあって前半ゆったりさせたいところ

そういうこともあり現状距離延長向きだと思うので

 

・ディバインコード

前目獲れる馬なのでヒモに入れようかちょっと迷ったんですが、前走は内有利ななかで馬場によるバイアスも大きかったので

 

・カラクレナイ

フィリーズレビューの内容から高速馬場向きだと思っていたけど、桜花賞やシルクロードSを見ると渋った馬場の方が得意なのかもしれない

高速馬場への適正が未知数のわりに人気しすぎかなと

 

まとめ

◎ダイアナヘイロー

○レッドファルクス

▲アポロノシンザン

△ミッキーラブソング

△ペイシャフェリシタ

△モーニン

△モズアスコット