/*「詳細設定」->「headに要素を追加」にコピー*/

【競馬予想】2018フィリーズレビューの予想です。本命アマルフィコースト

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

↓こちらははてなブログの読者登録ボタンです↓

 

2018フィリーズレビューの予想です

チューリップ賞と比べて短距離馬の出走が多く、ペースが速くなりがちのレースですね

差し追い込み馬の台頭が目立ちますが、逃げ先行が残れないかというとそういうわけでもなく、なかなか難しいところがあります

シンプルにスピード能力を中心とした能力の高い馬を見つけられたらなと思います

 

予想

◎アマルフィコースト

新馬戦は重賞でも好走しているスカーレットカラーを相手に完勝

その後の2戦は中団で競馬を覚えさせるような内容で、1着3着とまずまずな結果

阪神JFはテンションが高すぎて回避することになってしまい、気性の難しいところがあります

レース中は無理に押さえない限り気性難を出してるようには見えないので、馬とケンカせずに競馬ができればチャンスは大きいでしょう

阪神JFではCデムーロ騎手への乗り替わりが予定されていたこともあり、ファンタジーSのように無理に押さえつけるような競馬もやらないと思う

浜中騎手も昨年はレーヌミノルでやらかしてしまったレースなので気合入ってるはず

 

○モルトアレグロ

あまり速い上がりが出せないうえにエンジンのかかりが遅い印象を受けるので、ペースが速くなるのは向くはず

阪神JFは外枠から内に入る過程でポジションを下げてしまい、ちぐはぐな内容になってしまいましたが、しぶとく追い込んで5着とまずまず結果を残しました

枠や展開次第では阪神JFでももっと着順上げれたと思うので、このメンバーなら最上位に評価できる一頭でしょう

仕掛けどころが難しい馬なのでテン乗りの田辺騎手が若干不安で2番手評価にしました

 

▲デルニエオール

オルフェらを輩出するオリエンタルアートの娘で気性的に難しいところがあります

それゆえに1400でペースが上がればしっかり折り合える可能性もありそう

2走前の白菊賞は上位3頭すべて内差しの馬で決まったレースで、折り合いに専念しながら外を回して4着と悪くない内容でした

縦長の展開でスムーズに外に出せれば

 

△レッドシャーロット

近走はペースも合わず、なかなか伸びきれないところがあります

未勝利を脱したレースは2秒も前傾ラップのなかで4番手から押し切る強い内容

前走は初の1200だったんですが案外いい脚使っていて、ハイペース適性が高いのかもしれません

前が崩れる展開になれば、浮上も期待できそうです

 

△イサチルンルン

前走は新馬以来久しぶりの芝レースで勝利

内を突いて展開向いた感じもあったんですが、2着は京王杯でも健闘したピースユニヴァースでレベルの高い一戦だったと思います

展開向けばチャンスもありそう

 

△アルモニカ

ファンタジーSは出遅れから2番手まで上げて行ったことで、最後は脚が残っていなかった感じです

まだ底を見せていないと思うので一応押さえておきたい

川田騎手は阪神内回り上手い騎手だし外目好位でスムーズに競馬できそうなのもプラス

 

そのほか

・アンコールプリュ

前走鋭い末脚を発揮し2戦2勝

ディープ産駒らしくスローで決め手勝負になれば台頭が期待できます

フィリーズレビューはどうしても速めの流れになると思うので、今回は適性的に厳しいかと

 

・コーディエライト

なかなか息を入れるところがなかったんですが、ややスロー程度の阪神JFであれだけ崩れたら厳しいかと

1400に変わって上昇はありそうですが、ペースも厳しくなりそうなので…

 

・アンヴァル

1200では強敵のラブカンプー、リュウノユキナを相手に完勝していますが、やはり初の1400が不安

「強気に先行策獲って結果的に1400も持ちました」という状況に持ち込めばチャンスも出てきそう

逆に距離の不安から慎重に競馬をすると、内枠で包まれる不安もあり、難しい競馬になりそうです

ちょっと人気しすぎてるようにも思うので今回は様子見

 

 

 

まとめ

◎アマルフィコースト

○モルトアレグロ

▲デルニエオール

△レッドシャーロット

△イサチルンルン

△アルモニカ