2018金鯱賞の回顧・反省会です

スポンサーリンク

 

2018金鯱賞の反省会です(´・ω・`)

 

予想結果

1着スワーヴリチャード…○

2着サトノノブレス…無

3着サトノダイヤモンド…△

 

8着メートルダール…◎

 

スワーヴリチャードに対して「4角で大外ブン回す危険性もあり、内をロスなく立ち回った馬を差しきれない可能性がある」なんてこと書いたら本命のメートルダールがそんな競馬をしてしまいました…(´・ω・`)

 

回顧

1着スワーヴリチャード

ドスローでかかっていたところはあったけど危なげのない勝ちっぷり

ただ最後有馬同様ササってふらふらするところがあったので「大阪杯も」となると不安もある

ややポジションに不安があって評価を落としてしまったけどミルコはポジショニングの意識が高い騎手だから問題なかったかなぁ(どうしてもペルシアンナイトの中山記念が脳裏をよぎってしまったんだけど、ミルコ買ってポジショニングミスったら単純に運が悪かったと切り替えた方がよさそう)

ブログで何度か「ノリさんがペースを握ると逃げ馬が残る」なんてことを書いているけどまさにこういう競馬のことで「サトノダイヤモンドの末脚を封じるなら仕掛けを遅らせて前を残すレースをする」ってわけです

 

人気的にも1番人気2番人気が抜けてるレースだったわけで、ミルコとルメールの駆け引きをもっと考えて予想するべきだったかなぁと反省

(今回とは関係なく)駆け引きのなかで前を獲れる方が(主導権を握れることからも)明らかに有利なんですが、「人気馬を後ろからマークする」という選択を獲りたがる騎手が多いと思う

そういうところのギャップを埋めていけたら馬券でもプラスになると思うんだけど…

 

2着サトノノブレス

海外遠征前にしても昨年の金鯱賞とG1以外では崩れてないし、こんだけ展開利があればそりゃ残りますよね…

ドスローでもっと馬群が縮まった場合に本命のメートルダールなりブレスジャーニーなりが突っ込んでくる展開を予想してしまって、どうしても買えなかった

 

3着サトノダイヤモンド

ロンスパ向きの馬でスローの瞬発力勝負となると少し分が悪い

それでも3着まで伸びてきているんだから立派ですね

大阪杯では本命予定

 

4着ヤマカツエース

馬体重も過去最大の522キロとかなり余裕があった印象

やはり秋3戦の疲れもあったのかな

内容自体はまずまず悪くなかったし人気落ちるなら大阪杯でも

 

7着デニムアンドルビー

長い間お疲れ様でした

キンカメ×ディープということもあって繁殖としての活躍はなかなか難しそうではありますが、弟のキタノコマンドールも活躍しているのでいい馬出してくれたらなと思います

 

8着メートルダール

サトノダイヤモンドをマークしてたんだとは思うけど、4角でサトノの外回って差しきれるわけないでしょうよ…とガックリ

まぁでも前走そういうレースぶりで勝ってるわけで、こういう騎乗になるのは仕方ないですね

思慮の浅い予想をしてしまいました

○○騎手ならこうやって乗ってくれるはず(願望)ってのは絶対やっちゃいけない予想だったなと反省

 

おわりに

中山牝馬Sに続いて逃げ馬が残る結果

カワキタもサトノも全然買える馬だっただけに痛恨だったなぁ( ;∀;)

しばらくは逃げ馬に対して甘々の予想で行きたいな