2018スプリングステークスの予想です。本命エポカドーロ

スポンサーリンク

 

ダノンプレミアム相手に僅差の競馬をしているステルヴィオの出走こそありますが、重賞勝ち馬0頭と、実績的にはやや寂しいメンバー構成になりました

それでもモーリス全弟のルーカス、前走の勝ちっぷりがよかったエポカドーロ、出世レースであるセントポーリア賞を勝利した道営馬ハッピーグリンと、今後の活躍が期待される馬も多く、皐月賞に向けて楽しみな一戦になりますね

 

傾向としては、コース形態も相まって人気馬の差し損ねが目立つレースです

断然人気が予想されるステルヴィオにしても、なかなかエンジンのかかりが遅い馬なのでそういうところがどう出るか

 

まずはそのステルヴィオについて

2着に敗れはしたもののサウジアラビアRCの末脚が強烈で、通常届かないような位置から33.5の末脚を繰り出していて内容はよかったです

上がり2位の馬でさえ34.2秒のレースだったので、一頭だけ脚が違いましたね

スタートが悪いわけでもなく、外枠で壁を作ろうとしてなし崩し的にポジションを下げてしまったのが敗因で、枠順次第では逆転もあったかもしれません

 

続いて朝日杯、スタートもまずまずよくて中団後ろめからの競馬になりました

直線入口でやや進路が狭くなってしまい、エンジンのかかりが遅い同馬にとっては痛恨のレースぶり

それでも2着に追い込んでくるだけに能力はやはり高いです

 

意外と序盤でしっかりポジション獲れる馬だし、早めに仕掛ける意識を持っていれば好走する可能性は高いと思います

過去の結果から「エンジンのかかりが遅い」というのはルメールもインプットしているだろうし、しっかり進路確保しながら仕掛けてくれるはず

ただ、小回りコースの適性については微妙なところもあって、(仕上げの差や馬場適性も影響したとは思うんですが)コスモス賞でミスマンマミーアを相手に辛勝というのは物足りないところもある

 

続いてルーカス

札幌での新馬戦はまくりの競馬で勝ちきりました

レースレベルには疑問が残るも、コーナーでの加速力も高くて好印象

前走ホープフルSは外目で壁を作れなかったことで若干かかっているようなレースぶりのなか、追い込み決着のレースを早めに進出して6着と内容自体は悪くなく、上位陣と比べても差は少ないと思います

 

一方でワグネリアン相手に完敗だった東スポ杯2歳Sは、シャルルマーニュ辺りを相手に僅差の2着と物足りないところもある

現状紛れの少ない東京コースでは分が悪いけど、小回りコースなら立ち回りの差で好走も期待できるという印象

 

エポカドーロ

新馬戦はドスローを2番手追走するも伸びきれず3着と、上がり勝負になると分が悪い様子

その後の2戦はしっかりペースを作って完勝し、自分でレースを作れる強みが発揮されました

ただ、前走あすなろ賞は内有利の馬場というのもあったので過信は禁物かと

やや馬場が渋っている方が向いてそうで現在の中山の馬場でどうか

高速馬場ではないけどもう少し渋った方がいいかもしれない

 

ゴーフォザサミット

ハーツ産駒らしくエンジンのかかりが遅いうえに、テンであまり動かないのでポジションを獲れないのが課題

新馬戦を見ても小回りのコーナーで加速するのは苦手なようで、4コーナーの小回りコースというのは不向きに見える

前走の共同通信杯は出遅れから大きくポジションを下げてしまい、直線では最後方付近と苦しい内容

最後はいい脚使って4着と健闘しましたが、馬場のいい内を通ったわりには物足りないところもある

 

道営馬ハッピーグリンについても振り返ってみましょう

地方馬ではあるけど社台ファーム生産馬ですし、侮れない一頭です

 

昨年夏のコスモス賞はコーナーで仕掛けると大外をグイグイ伸びていく加速力が目を引きました

そのせいで勝ち馬ステルヴィオにとっては、いい標的になってしまいましたが、まぁ悪くない内容

続いて1200のすずらん賞、直線入口でオジョーノキセキにぶつかり、さらに進路も狭くなったところがあったんですが、馬体を合わせると負けない勝負根性が見られました

 

年明け初戦は、ドゥラメンテらを輩出する出世レースセントポーリア賞

弥生賞5着馬のリビーリングを相手にしっかり勝ちきり、速めの馬場やスローの上がり勝負にも対応できる適応力を発揮しました

 

上位人気はこんなところですかね

さて、それでは予想について

 

◎エポカドーロ

自分からレースメイクできるところを評価して本命はエポカドーロにしました

あまり積極的にポジション獲りに行かない戸崎騎手ということで若干不安ではあるんですが、コスモイグナーツがそれなりにペース上げて引っ張って行ってくれるはずなので、さほど心配ないかなと

スローの切れ味勝負にさえならなければチャンスは大きいと思う

お父さんがステゴ産駒のオルフェなので、この時期の中山の馬場も合ってるんじゃないでしょうか

 

○マイネルファンロン

葉牡丹賞ではジェネラーレウーノを相手に僅差の内容だし、前走にしても社台の無敗馬ギベオンやサンデーレーシングの評判馬ブレステイキング、マリアライト全妹のエリスライトを相手に2着と好内容

ステゴ産駒でこの時期の中山も合いそう

過去2年マイネル軍団のマイネルハニー、ウインブライトが結果を残しているのも気になるところで、社台系以外のクラブ馬はどうしてもクラシックへの切符が欲しい一戦だし、ここを目標に仕上げてるようにも見える

まだスローのレースしか経験していないので、そこがやや不安

 

▲ルーカス

とりあえずホープフルSはそれなりに内容よかったと思うので、このメンバーなら

ミルコの手腕にも期待して

 

★ステルヴィオ

追い込み馬が差し損ねるレースだし1800でしっかり脚を使えるかというと疑問も残る

ルメールにしても土曜にタイムフライヤーを飛ばしててちょっと不安(逆にタイムフライヤーで差し損ねたのを意識して、早めに動いてくれる可能性もあるかも

 

△ハッピーグリン

おそらくルーカスの後ろから競馬をすることになると思うんですが、後ろから捌ききれるか?進路を確保できるか?というところで不安もある

 

△ビッグスモーキー

初芝の前走が好内容で、1着キタノコマンドールはかなり強い馬だと思うし2着ケイティクレバーも世代上位の実力馬、展開向いたとはいえ僅差の3着と立派なレースぶりでした

芝に慣れてパフォーマンスを上げる可能性も十分あるし、このオッズなら押さえておきたい

 

△バールドバイ

新馬戦は勝ち上がり率が非常に高いレベルの高い一戦だし、2戦目も京成杯4着馬ライトカラカゼを相手に好内容

枠順もいいし北村宏司騎手は積極的に買いたいと思っているので一応押さえに

 

と、以上の7頭で勝負します

カフジバンガードもゲート次第では好勝負できそう気になる一頭ですが、印が回らなかったです 

 

 まとめ

◎エポカドーロ

○マイネルファンロン

▲ルーカス

★ステルヴィオ

△ハッピーグリン

△ビッグスモーキー

△バールドバイ

阪神大賞典の予想は明け方までに公開します

 

Sサイズぬいぐるみ オルフェーヴル 有馬記念

Sサイズぬいぐるみ オルフェーヴル 有馬記念