2018マーチステークス・高松宮記念の回顧反省会です。

スポンサーリンク

 

マーチS

1着センチュリオン…△

2着クインズサターン…△

3着ロワジャルダン…無

 

1着センチュリオン

コース実績もあるし競馬の幅も広い馬なんですが、それゆえに決め手に欠けるところもあって強く推せなかったです

ハンデ戦ということを考えると、競馬の幅が広いというのは武器になると思うので、もう少し評価を上げてもよかった

 

2着クインズサターン

こちらは末脚確かで強烈な決め手があります

ハンデ戦は基本的にゴール前で混戦になるので、決め手のある馬は押さえておくといいです

とはいえ牝馬が55キロ背負ってここまで健闘できるのは立派ですね

(牡馬でした…w

 

3着ロワジャルダン

ダート中距離ならわりと安定している馬なので、押さえておくべきでした

直線での不利がなければ突き抜けてたかもしれません

 

5着コスモカナディアン

柴田大知騎手のコメントにもあったんですが、内を突くとしっかり伸びてくれますね

外目の枠に入るとどうしても最序盤でポジション悪くなってしまうので、内枠なら

 

7着ディアデルレイ

外から被されるとダメみたいですね

まさか同馬主のエピカリスに絡まれるとは

ハマれば強い馬だし、そういうチャンスも少なくない

これで人気落ちするならしばらく追いかけたいです

 

8着サクラルコール

器用さに欠けていてしぶとく脚を使うタイプなので、内枠が痛かったです

外目の枠ならこのクラス相手でもチャンスはありそう

 

9着ハイランドピーク

最序盤で動いて行けなかったので、馬群に入れないようにするなら、こういう競馬になっちゃうかなぁ

「気分よく自分の競馬ができれば強い」反面、このクラス相手に楽逃げするのは難しそうでもある

能力は重賞でも十分通用すると思うんですが、もう少しレースの幅が広がるように成長してほしい

 

14着エピカリス

みやこSより状態上向きならチャンスもある

ということで本命に推したんですが、ダメダメでした(´・ω・`)

むしろ悪くなっているレースぶりで、期待も大きいだけに非常に残念

残り200ほどでパタっと止まってしまうので、距離の壁もあるのかもしれない

マイル以下のレースに出走したら注意しておきたいかな

 

高松宮記念

1着ファインニードル…▲

2着レッツゴードンキ…△

3着ナックビーナス…無

 

1着ファインニードル

過去のレースは内の好位で立ち回りの差を活かして勝っていたので、外を回して勝ちきれるとは思わなかった

他の上位馬は道中内を通っていたこともあって、一枚上のレースぶりでした

今年に入ってから馬自身かなり成長している印象で、今後も期待大ですね

 

2着レッツゴードンキ

久しぶりのG1制覇まであと少しだったんですが惜しくも2着

早め先頭で目標にされたのもあったかなぁ

レース前の報道では「内のレッドファルクスを見ながら」ってコメントがあって、なかなか強く推せなかったんですが、当日は前が残っていたので作戦変更って感じでしょうか

気性面で大きく成長しているので、ヴィクトリアマイルでも期待

 

3着ナックビーナス

好成績を上げている中山1200のレースにしても、さほど評価できる内容ではなかったので、自分の予想スタンスではどうしても買えなかったと思う

なかなか前が止まらない流れだったので、そういうところも向いたかな

三浦皇成騎手も上手く乗っているし、復帰後はG1でも存在感を発揮していますね

得意な左回りのコースなら押さえておきたい

 

4着ダンスディレクター

3角辺りで珍しく大きくかかってしまったのが痛恨

休み明けで叩きのレースを使えれば、また違ったかもしれません

かなり先にはなるけど、スプリンターズSでも期待

 

6着セイウンコウセイ

テンも速くてようやく本調子に戻ってきた感じですね

高速馬場以外なら次も注目

 

7着レーヌミノル

最序盤でポジションを獲れなかったことを見ても、このクラスだと基礎スピードで足りないところがあります

もっと明確に馬場が悪ければ、1200でも見せ場は作れるかもしれません

高速馬場は不向きな感じなので、馬場次第ではありますが、ヴィクトリアマイルでも注意

 

8着レッドファルクス

直線で進路をミスってしまい「内行って外行って内行って…」と、かなりロスの大きい競馬になってしまいました

それでも上がり最速を出すだけに、能力は非常に高いです

序盤で遅れてしまったのは、距離短縮が影響したのかと思います

安田記念では中心視したい一頭ですね