/*「詳細設定」->「headに要素を追加」にコピー*/

2018アーリントンカップの予想です。本命ダノンスマッシュ

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

↓こちらははてなブログの読者登録ボタンです↓

 

多数のG1馬を輩出する出世レースですが、今年からはNHKマイルへの前哨戦になり、開催日程も変更になりました。

3着までに入れば優先出走権が得られるので、賞金足りない馬はなんとしてでも権利が欲しいはず…

なんですが、賞金足りない馬ばかりでなんとも悩ましいw

 

過去のレースぶりから素質の高い馬を見つけて、馬券に活かせたらなと思います。

 

コース傾向・展開など

先週の桜花賞・阪神牝馬S同様に、最初と最後の直線が長い阪神外回り1600で行われるため、基本的には紛れが少ないコースです。

さらに、馬場も高速馬場傾向のうえに快速馬ラブカンプーがペースを作るわけで(もう少し脚を溜めたいという陣営コメントは気になるが…)、能力差がしっかり反映されるレースになりそうです。

週末は雨予報なのが若干気になりますが、大きな影響が出るほどではないかと。

 

上位人気馬について

 

タワーオブロンドン

実績はダントツでナンバーワンですが1500以上だと少し末脚鈍るところがあります。

前走朝日杯にしてもダノンプレミアムの後ろで展開向いたはずなんですが、最後にはケイアイノーテック、ダノンスマッシュに詰め寄られる内容で、1600M戦となるとやはり信頼度は落ちる。

ただ、馬自身は気性の悪いところもなさそうだしスタートも大分安定してきました。

堅実性は高いと思うので、この馬を基準に考えて「逆転できるか否か」というのがポイントになりそうです。

 

パクスアメリカーナ

前走はこの路線で存在感を見せるケイアイノーテックを相手に0.2秒差をつけての勝利。

結果だけ見れば優秀な内容ですが、ハイペースを速めに押し切ろうとしたケイアイと真後ろでマークできたパクスアメリカーナという構図ではあったので、着差ほど能力差はない印象を受けました。

とはいえ、2走前はきさらぎ賞3着馬のラセット相手に完勝と言っていい内容ですし、重賞でも通用する能力はあるはずです。

「長くいい脚を使うタイプ」「前走少し出負けがあった」というところで1番枠が少し不安ではある。

 

インディチャンプ

2走前は桜花賞でも健闘したレッドサクヤを相手に完勝。

前走毎日杯は強力メンバーを相手に、序盤ちぐはぐなレースになりながらも3着と、能力の高さを感じます。

「脚を溜めたい」「行きたがるところがある」ので、距離短縮自体は向くはず。

このメンバーを相手にしたマイル戦で、しっかり脚を使えるかどうか。

ラブカンプーがペースを引き上げた場合、苦しい展開になるかもしれない。

阪神のレースでは直線で脚色鈍るので、坂が苦手かも。

 

レッドヴェイロン

デビュー前から武豊騎手が絶賛する素質馬ですが、意外と初勝利に手間取ってしまいました。

まぁでもスーパーフェザー、パンコミードは重賞でも通用しそうな素質馬ですし、オメガラヴィサンも500万下で結果を残している馬なので、単純に相手関係が悪かったですね。

中堅クラブにとって「G1出走」というのはクラブ運営の面でも非常に大事なことだし、鞍上ミルコということもあってかなり本気度の高いレースに見える。

レース傾向として「ノーザンFが強い」というのもあり(レッドアンシェル、レインボーライン、ロワアブソリュー、ヤングマンパワー、ミッキーアイルなど)先物買いにはなるけど狙ってみるのもおもしろいかもしれません。

 

エアアルマス

予定していたシンザン記念はハ行で取消になってしまいましたが、レース前の時点ではアーモンドアイと人気を二分するような素質馬でした。

新馬戦は直線で窮屈なところに入ってしまい、仕掛けが遅れての2着。外枠から出して行ったわりに折り合いもついていて、操縦性の高さを感じました。

前走の未勝利戦はほとんど追うようなこともなく0.7秒差の完勝。

スタートもよくて完成度の高い馬だと思います。

相手のレベルが格段に高くなるので、力が発揮できるかどうか。

 

◎ダノンスマッシュ

近2走は出遅れが大きな敗因だと思うので、後入れの大外枠はプラス。

未勝利戦ではラブカンプーが逃げているレースを勝っていることもあって、ペースも向きそうではある。

対タワーオブロンドンで考えても1戦叩いてることを考慮すれば、逆転の可能性も十分あると思う。

 

○エアアルマス

かなり完成度が高い馬で、安定して能力を発揮できそう。

このメンバー相手に通用するか否かがカギになるわけだけど、前走のレースぶりならチャンスはありそう。

ルメールがタワーオブロンドンを選んでいるのは気になるところだけど、単純に藤沢和雄厩舎最優先にしているだけのような気もする。

 

▲タワーオブロンドン

新興勢力との力関係がポイントなわけですが、個人的にはパクスアメリカーナもインディチャンプも不安なところがあって強くは推せない。

ということでタワーオブロンドンが3番手。

 

★レッドヴェイロン

本気度が高そうなのが1番の理由。

ラブカンプーがペースを作った場合に基礎スピード面で不安もある。

ただ、意外とラブカンプーが控えたり、1頭だけ飛ばして離れた2番手でペースを作れたりって可能性もあるので、4番手評価。

 

△パクスアメリカーナ

前走たしかに強かったんですが内枠が不安。

高速馬場適性にも疑問があり、稍重程度の馬場に対応できるかどうか。

 

△インディチャンプ

坂とマイル適性に不安があり、ヒモまで。

 

まとめ

◎ダノンスマッシュ

○エアアルマス

▲タワーオブロンドン

★レッドヴェイロン

△パクスアメリカーナ

△インディチャンプ

 

現時点での皐月賞の注目馬を

[最強]競馬ブログランキングへ

に公開しています。

※ステルヴィオ→ダノンPがいても逆転の可能性は十分あったはず。ジャンダルム→内でロスなく競馬ができればチャンスはある!

→ありませんでした…

よかったら応援クリックお願いいたします<(_ _)>

 

大乱闘 スマッシュ ブラザーズ for ニンテンドー 3DS - 3DS

大乱闘 スマッシュ ブラザーズ for ニンテンドー 3DS - 3DS