2018皐月賞の回顧・反省会です。

スポンサーリンク

 

1着エポカドーロ…無

2着サンリヴァル…無

3着ジェネラーレウーノ…△

 

勝ちタイム2:00.8

12.6-11.0-11.9-11.5-12.2-11.9-12.4-12.4-12.7-12.2(59.2-61.6)

 

前3頭のペースでは2秒ほどハイペース。

1000M通過地点で2番手集団とは10馬身ほど差があったので、エポカドーロのところでは61秒ちょっとくらいでしょうか。エポカドーロ基準ではスローのレースでした。

 

1着エポカドーロ

展開も向いたうえに時計のかかる馬場も向きました。

とはいえ余裕のあるレースぶりで「完勝」と言っていい内容でしたね。

操縦性も高そうだし逃げ馬のわりには加速力も高く、今後も期待。

まだ高速馬場適性には不安があるけど、ダービーでもチャンスはありそう。

 

2着サンリヴァル

まずホープフルSがかなり強い内容で、さらに前走も休み明けプラス10キロも増えてたなかで好内容。

ここは絶好の買いどころだったんですが、「基本的に前に厳しいレース傾向」ということもあって、買いにくかったなぁ…

ホープフルSが中山神の田辺だったということもあって、そういうところも気になってしまった。

世代上位の能力はあると思うし、あんまり人気にならないタイプなので、今後も注目したい。

 

3着ジェネラーレウーノ

「集中して走れれば」というところで、アイトーンが残り200まで頑張ってくれたのが大きかったと思う。

「前がハイペースで引っ張って行ってくれたときの2番手」というのが好走パターンで、現状かなり展開に左右される印象。

長い直線のダービーはいろいろ噛み合わないと厳しいように思う。

 

4着ステルヴィオ

エンジンのかかりが遅いなかで、ワグネリアンとキタノに注意を払いながら…というのはちょっと難しい展開になってしまったかなぁ。

コスモス賞が案外な内容だったので、重い馬場も向かなかったかもしれません。

ダービーを考えると悪くない内容だったし、チャンスも大きいと思う。

 

5着キタノコマンドール

初の多頭数のレースで大外回りながらよく頑張った。

隣にワグネリアンがいたとはいえ、直線で大きくヨレるところもなかったので、馬自身大きく成長している印象。

ダービーでもチャンスはありそうだけど、ステルヴィオ、ワグネリアンも強敵だし、別路線のブラストワンピースらもいるわけで、難しいレースにはなりそう。

 

6着グレイル

上位陣とは遜色ない馬だと思うし、エンジンのかかりが遅いのも東京向き。

ローテもいいしダービーでも買いたい。

 

7着ワグネリアン

コーナーでの加速が苦手なタイプなので、4角で加速を強いられたのが痛かった。

向こう正面で動くなりの工夫が欲しかったところだけど、3歳の若駒だし「変な癖つけたくない」ってのもあったのかなぁ。3角で目の前にジャンダルム@武豊がいたことで動けなかったのもあるかもしれない。

ダービーを考えた場合に長い直線の東京コースは向くはずだけど、やっぱりエンジンのかかりは遅いわけで、器用に動けるブラストワンピースや加速力のあるキタノ、昨年のレイデオロのように道中動けるステルヴィオ@ルメールが相手になるとちょっと厳しいかなぁとも思う。

 

馬券は◎ステルヴィオでハズレ。

ステルヴィオ軸でジェネラーレウーノ、キタノ、グレイルは買っていたので、展開違ったら的中もあったかなぁとは思う。

 

figma 馬 (茶) 約16cm ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

figma 馬 (茶) 約16cm ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア