2018福島牝馬ステークスの予想です。本命トーセンビクトリー

スポンサーリンク

 

コース傾向など

昨年はデンコウアンジュ@秋山のまくりがあって差し追い込み決着になりましたが、直線短い小回りコースの上にBコース替わりになるので、基本的には前有利。

さらに最初の直線が305Mと短いので、やや内枠有利なところがあります。

 

中山牝馬S組が強い

小回り1800ということで、コース傾向が比較的似ている中山牝馬S組は、過去10年で9勝(出走取消のスイートサルサを含む)と非常に強い。

さらに前走中山牝馬S連対馬となると【3-2-1-2/8】(過去10年/新潟開催を除く)馬券圏外の2頭も08年ヤマニンメルベイユ4着09年ピンクカメオ4着と好成績。

 

◎トーセンビクトリー

斤量差があるなかで中山牝馬Sの結果は悪くなかったし、(昨年の)中山牝馬S勝ち馬ということで適性的にも問題ないはず。

枠順的にも内目のいいところに入れたし、ここは好走期待したい。

不安材料としては連戦続きなところと、福島1800Mは田辺騎手いまいちなところ。

福島出身騎手なので、ちょっと意外な数値。

ただ、「福島芝重賞」というくくりなら過去10年で【1-0-2-9/12】単勝回収率100複勝回収率133と好成績。

あまり気にしなくていいかなぁと思います。

 

○ゲッカコウ

良馬場向きなので稍重の中山牝馬Sより上積み見込める。

2戦2勝と相性いい福島コースなのも魅力。

コーナーで動ける馬なので、対カワキタエンカで考えて逆転の可能性は十分あると思う。

 

▲カワキタエンカ

ペース問わず結果を出せるのが大きな強み。サルサディオーネとワンブレスアウェイの状況にもよるけど、今回も単騎逃げが見込めそうで大きく崩れることはなさそう。

ただ、今回はマークされる立場になるわけで、簡単なレースにはならないはず。

池添騎手が本番デアレガーロ予定らしいので、ここは勝負気配も高そうに見える。

 

★レイホーロマンス

前走はスローで前残りの展開のなか、強烈な末脚を発揮しての3着と価値の高いレースぶりでした。

元々はもっと前でポジション獲れる馬だし、充実期の今なら勝ちきる可能性もある。

斤量増の影響がどれだけ出るか?というところで4番手評価。

 

△ブラックオニキス

強い4歳世代のなかでG1でも健闘しています。

岡田牧雄オーナーの馬なので、叩いて調子を上げるタイプ。前走から上積みがあれば逆転もありそう。

決め手に欠けるところと、やや外目の枠というところで押さえまで。

 

△デンコウアンジュ

昨年はハイペースをまくりに行ったなかで4着といい内容でした。

牝馬限定のローカルG3なら上位の馬ですが、展開に左右される部分も多く、直線短い福島ということを考慮して押さえまで。

 

その他

・キンショーユキヒメ

大型馬なのでコーナーで動かない方がいいタイプ。長い直線向きだと思う。

5走前のムーンライトハンデがラヴィエベールらを相手に強い内容だったので、うまく内に入ってコーナーでロスなく競馬ができればチャンスもありそうではある。

 

・ワンブレスアウェイ

近走出遅れ続きですが、2走前の愛知杯は津村騎手でうまくスタート決めていて悩ましい。

堅実なレースを続けていた条件戦時代の相手レベルが、今思えば比較的楽だったところもあり、重賞ではちょっと足りないようにも見える。

 

まとめ

◎トーセンビクトリー

○ゲッカコウ

▲カワキタエンカ

★レイホーロマンス

△ブラックオニキス

△デンコウアンジュ

 

ウマ娘 ダービーラバーマスコット [全8種セット(フルコンプ)]

ウマ娘 ダービーラバーマスコット [全8種セット(フルコンプ)]