2018NHKマイルカップの予想です。本命ギベオン

スポンサーリンク

 

京都新聞杯。

最初の直線が長いので出遅れ癖のあるグローリーヴェイズを軽視と予想したら、本命フランツが出遅れてしまいました(+_+)

 

さてNHKマイルカップ。

短評などは別記事に挙げたので、ちゃちゃっと予想します。

 

www.umaburogu.com

 

過去5年ラップデータ

【13年】12.3-10.8-11.3-11.7-11.7-11.3-11.6-12.0(マイネルホウオウ) 
【14年】12.0-11.0-11.6-12.0-11.8-11.3-11.5-12.0(ミッキーアイル)
【15年】12.4-11.1-11.8-11.9-12.1-11.1-11.3-11.8(クラリティスカイ)
【16年】12.3-10.7-11.3-11.7-11.7-11.3-11.5-12.3 (メジャーエンブレム)
【17年】12.4-10.9-11.2-11.6-11.8-11.3-11.3-11.8(アエロリット)

 

◎ギベオン

先週のトーセンバジルの借りを返してもらいましょう。

新馬500万下ともに印象深いレースだったということもありますが、基本的にクラシックからの転戦馬が強いレースで、前走毎日杯がレベルの高い1戦だったというのが大きな評価材料。

前走はバルジューが無難に無難にと乗っていた印象で、ミルコに変わっての新味も期待できる。

テトラドラクマが作るマイルのペースに対応できるか不安もありますが、クラシック路線からの馬は速いラップ構成に不安がありながらも結果を残していますし、ギベオンにもそのレベルを望みたい。

土曜の馬場がけっこう速かったので、高速馬場得意なディープの血も魅力。

 

○カツジ

こちらもディープ産駒。

新馬の内容がよくて2戦目以降注目している馬なんですが、前走の差しきり勝ちは意外なレースぶりだった。

本来は内で器用に立ち回れる馬なので最内枠はプラスなはずだし、馬群を捌ける脚もある。

出走していれば人気したであろうジャンダルムを相手に健闘(しっかり内を締めていれば勝てたレース)しているしチャンスはある。 

 

▲タワーオブロンドン

朝日杯3着から臨んだアーリントンカップを完勝し、この路線では最上位の一頭です。

「リラックスして走れれば」ということで、ルメールが距離に不安を持っているのが気になるところ。

中間に発表された海外遠征プランも1600Mの他に1200戦にも登録していて、やはりマイルの距離は不安そうではある。

まぁそれでも「道中力むところがあった」朝日杯でも3着に来ているわけで、大崩れは考えにくい。

 

★ケイアイノーテック

非常に高いレベルで安定したレースぶりをしています。

朝日杯4着以降も好内容のレースを続けていて、順調に成長している印象を受ける。

使い詰めと前走のマイナス体重が気になるところだけど、このなかでは上位のはず。

 

△プリモシーン 

前走は出遅れからのドン詰りで10着に敗れるも、前が開いたときのノビはしっかりしていたし、G1でもと期待できるところは見れました。

今回もやはり出遅れは気になるところですが、「やや出負け」程度なら3角4角の緩めたところで取りつくことはできそう。

 

△テトラドラクマ

前走クイーンCは確かに強かったんですが、4角から直線入口で緩めることができたのも大きかったはずで、G1で同じような流れを作れるかどうか。

番手予想のカシアス、ミスターメロディが距離に不安があるので、仕掛けが遅れる可能性もある。

そうなった場合にギリギリまで粘り込めるチャンスは出てくるはず。

 

△パクスアメリカーナ

 前走はやや噛み合わないレースのなかで、タワーオブロンドン相手の2着と健闘しました。

血統的にもクロフネ産駒に相性いいレースだしNHKマイルで大河が西郷どんからの黒船ってのもあるし(小声

長くいい脚を使えるタイプで、東京の長い直線は向くはず。左回りの新馬戦でモタれてたのは気になるところですが。

2走前のこぶし賞がなかなか強烈なレースで、超ハイペースを4角でまくって完勝の内容。とはいえ2着のケイアイノーテックをマークした利もあったので、今回逆転を許す可能性も低くはない。

新馬からずっと馬体重を減らしているなかで、久しぶりの輸送競馬も不安。

能力は買っているので一応押さえ。

 

まとめ

◎ギベオン

○カツジ

▲タワーオブロンドン

★ケイアイノーテック

△プリモシーン

△テトラドラクマ

△パクスアメリカーナ

 

AVANTI 3Lサイズ クロフネ 第6回NHKマイルカップ

AVANTI 3Lサイズ クロフネ 第6回NHKマイルカップ