2018ヴィクトリアマイルの回顧・反省会です。

スポンサーリンク

 

ジュールポレールありがとう!

幸騎手ありがとう!!

 

ヴィクトリアマイル回顧

1着ジュールポレール…◎

2着リスグラシュー…△

3着レッドアヴァンセ…無

 

勝ちタイム1:32.3

12.4-11.3-11.5-11.6-11.5-11.1-11.2-11.7(46.8-45.5)

勝ちタイムも優秀だし稍重発表だけど高速馬場ではあった。

そんななかで2F目の11.3はかなり遅いし、ここまでスローになるとは思わなかった。

急な大雨で慎重になったことや、カワキタ、アエロリットがテン乗りで馬の特性を把握していなかった。というのもあるのかなぁ。

 

1着ジュールポレール

ポジションと高速馬場適性を評価して本命にしたわけですが、うまくハマってくれました。ペースが落ち着いたのも向いたかな。

馬場も特殊だったしポジションの恩恵も大きかったので次走以降は少し疑って考えたいかな。前傾ラップのレース経験が乏しいのでペース上がって脚を使えるかどうかが今後の課題。

 

2着リスグラシュー

課題のスタートはよかった。ただそのぶん内に入るのが難しくて若干ポジションが悪くなってしまった。

道中緩んだことで最低限のポジションは獲れたわけだけど、ぎりぎりのところでハマりきらなかったなぁという感じ。左回りなら反応いい馬なので、もう少し内の枠が欲しかった。戦績的にはマイラーなんですが序盤のポジショニングに難のある馬なので、もうちょっと距離があったほうがいいかも。

 

3着レッドアヴァンセ

予想段階でけっこう迷った馬でジュールと同じくポジション獲れる馬だし、じわじわと伸びるタイプだから東京向きというのもあった。

思ってた以上に人気してたこともあって、どうしても強くは推せなかった。

 

4着アエロリット

結果論で言えばもう少しペースを上げたかった。

ただ今回はいろいろ難しいところもあって、高速馬場で前半46.8は明らかに遅いんだけど稍重発表の馬場で考えるとミドルペース程度のタイムではある。9Rまで良馬場開催だったなかで直前に稍重発表になったのが影響大きかったんじゃないかなぁ。

仕掛けどころやペース配分はともかくとして、とりあえず力負けではないので今後に期待したい。

騎手に関してはペース読める横山典の方がいいと思う。

 

5着ミスパンテール

高速馬場適性は低いかもなぁと思ってたところで、そんな競馬になっちゃったなぁという感じ。キレ味勝負は苦手なのでペースが落ち着いたのも敗因。 

ちょっとずつ適性外が重なったなかで5着は悪くない結果だし次走以降改めて期待。

 

6着レッツゴードンキ

気性面が大きく成長しているので「今年こそは」と思っていたんですが、やはりマイルは長いのかなぁ。もうちょっとペースが上がってスプリンター的な要素が問われるレースになれば、また違った結果にはなったかもしれない。

 

7着ソウルスターリング

速い上がりを出せる馬ではないのでもっと強気にレースメイクして欲しかったかな。淡々と速めのラップを刻むのが得意な馬なわけで、折り合いを理由にポジション下げるのは悪手じゃないかと思う。

2000以上の距離でしっかりレースメイクできれば現役屈指の実力馬だと思うんですが、2戦マイル使っての距離延長になるとやっぱり折り合いが不安になってくるわけで、悪循環にハマってしまっているように見える。

 

8着アドマイヤリード

やっぱり高速馬場は苦手で道中もっと緩んでくれないとダメなのかなぁ。

とりあえず重馬場なら「買い」稍重、時計のかかる馬場では「スローなら買い」という感じ。

 

ゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』STARTING GATE 03

ゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』STARTING GATE 03