/*「詳細設定」->「headに要素を追加」にコピー*/

2018鳴尾記念の回顧・反省会です。

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

↓こちらははてなブログの読者登録ボタンです↓

 

鳴尾記念回顧

1着ストロングタイタン…◎

2着トリオンフ…△

3着トリコロールブルー…△

 

勝ちタイム1:57.2レコード

12.1-10.5-11.6-12.0-12.0-11.9-11.8-11.7-11.6-12.0(58.2-59.0)

前半に上り坂、後半に下り坂があるコースなので前半がかなり速い。能力の足りない馬は追走でスタミナを削られ、結果的に上位人気で決まった感じ。

 

1着ストロングタイタン

出たなりでスムーズに内のポジション獲れたのが大きかった。距離延長での競馬が合ってますね。高速馬場の適性も高そうです。直線では右ムチを入れているマルターズアポジーの内が開くのを見越してジッと我慢。「さすがミルコ」というレースぶりでした。

「距離延長向き」「高速馬場適性高い」「輸送は苦手かも」

 

2着トリオンフ

どうしても勝負どころで外を回す必要があるので最後伸びきれなかったですね。「長い直線のコース」か「もう一列前」で競馬ができるようにならないと中央場所の重賞では厳しいかもしれない。危惧していた直線の上り坂は問題なさそうでした。

 

3着トリコロールブルー

「スロー向き」の馬だと思うのでこのペースではさすがに厳しかったです。それでも3着に入ったのは立派だと思うし今後の飛躍を期待させるレースぶりでした。

 

4着マルターズアポジー

序盤もう少しペースを落としたかったですね。ヤマカツライデンが意外と食いついてきたのが誤算だったんじゃないかと。このペースで4着まで残ったのは立派だししばらく武豊騎手とのコンビで見てみたい。関西圏のレースで結果が乏しく「輸送が苦手」ではないかと気にしていたんですが、今回はプラス体重で出走できているし輸送も克服しているのかもしれません。

 

10着タツゴウゲキ

直線で早々に手応えをなくして10着。長期休養明けでこのペースではさすがにガス欠も早かったですね。とはいえちょっと負けすぎかなぁとも思うので次走人気するなら疑ってかかりたい。