/*「詳細設定」->「headに要素を追加」にコピー*/

2018マーメイドステークスの予想です。本命レイホーロマンス

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

↓こちらははてなブログの読者登録ボタンです↓

 

牝馬限定のハンデ重賞らしく非常に混戦模様ですね。

 

コース傾向など

スタート直後に上り坂があるので序盤緩む。3角から長い下り坂に入り、ここからのロンスパ戦になりやすい。

マーメイドSでは、3角4角での仕掛けが速くなってギリギリまで我慢していた追い込み馬が突っ込んでくるケースも少なくない。

 

◎レイホーロマンス

コース傾向通りに3角4角でペースが上がってくれれば上位まで届いてくれるんじゃないかと。

前走も直線入口で前にカットされながらよく頑張りました。重賞で健闘しているわりにハンデも軽いのでスムーズならチャンスは大きいはず。

 

○エテルナミノル

逆に3角4角でペースが上がらない展開ならこちら。

ターコイズSも勝負どころで外回して好内容だったし、愛知杯も先行してしっかり勝ちきったことを評価。シンプルに牝馬限定G3なら上位の馬という感じ。楽に前につけたいタイプなので距離延長もプラス。

不安なのはスタートいまいちなところ。どの馬も決め手に欠けるなかで比較的リスクが少ない馬ではある。

 

▲ミリッサ

ロンスパ戦になったときに内で我慢できることを評価。2走前の初音Sで内を突いて勝ちきっているので、そういう競馬ができればチャンスあり。ディアデラマドレ、マリアライト、リラヴァティなどキャロットの馬が強いレース傾向もプラス材料。

気性的に距離延長が不安。横山典騎手がダイワメジャー産駒と相性いいので、乗り替わりもちょっと気になるかな。

 

★ルネイション

前走は内で詰まったこともあってノーステッキでの勝利。ミリッサ同様内で競馬ができることを評価。52キロ想定で池添騎手を予定していたこともあって斤量も恵まれました。阪神京都への輸送は初めてなのでそのぶん評価を下げる。

 

△スティルウォーター

牡馬相手の1000万下でまずまずな内容。小柄な馬なので48キロのハンデは恩恵大きそう。お母さんのソリッドプラチナムがこのレース1勝3着2回と好成績だったし、これだけ混戦ならチャンスはありそう。

 

△ミエノサクシード

阪神なら牡馬1600万クラスを相手に健闘しているし、5走前の垂水Sなんかはけっこうレベルの高い1戦だった。

スタートいまいちな馬ですが、外目からじわっと出て行って3角4角でのロンスパに遅れてついて行ったら案外ハマるんじゃないかなぁという感じで。

 

△ワンブレスアウェイ

2番手以降の仕掛け遅れを想定して前に行ける馬もフォローしておきたい。とはいえどの馬が逃げるかも難しいレース。

出遅れさえなければ先手を獲れる馬だし、愛知杯は津村騎手騎乗でまずまずなスタートは出来ていたので、そういう競馬を期待して。

 

キンショーユキヒメはロンスパ戦得意なのでコース自体はハマりそうではある。ただ、人気しているので「自分から動けるかどうか?」というところがちょっと不安。前走はデンコウアンジュが早めに動いてくれたのも大きかったです。

 

トーセンビクトリーは外枠でどうかなぁ。という感じ。最近の浜中騎手はなかなか積極的に動けないのでポジションを獲りに行けるかどうか。

 

まとめ

◎レイホーロマンス

○エテルナミノル

▲ミリッサ

★ルネイション

△スティルウォーター

△ミエノサクシード

△ワンブレスアウェイ