/*「詳細設定」->「headに要素を追加」にコピー*/

2018エプソムカップの回顧・反省会です。

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

↓こちらははてなブログの読者登録ボタンです↓

 

2018エプソムカップの回顧・反省会です。

 

予想結果

1着サトノアーサー…◎

2着ハクサンルドルフ…無

3着グリュイエール…△

 

想像していた展開とはまったく異なるレースになりましたが、本命のサトノアーサーがようやく重賞初制覇。対抗のサーブルオールも来ていたので内心「久しぶりに美味いもの食えるわぁw」とほくそ笑んでいたら無印ハクサンルドルフの強襲に合いドボン。

ハクサンは前走も包まれての競馬だったし普通に買える馬だったなぁ。好走パターンが掴みきれなかったこともあって推せなかったです(´・ω・`)

 

レース回顧

12.8-11.1-11.5-12.3-11.9-11.9-11.6-11.8-12.5(47.7-47.8)

ペース自体はミドルですが、マイネル軍団が遅れて絡んできたので前には厳しいレースでした。

予想段階で「内枠不利」ということを書きましたが、

 

f:id:mugi_1023:20180611202020j:plain

f:id:mugi_1023:20180611202040j:plain

ポケット地点からのスタートになるので、内枠の馬は合流地点で馬場のいいところを取られちゃうんですよね。

ベルキャニオンはタイミングよくいいポジションに入れました。エアアンセムは早い段階で外を意識した騎乗に見え「藤岡佑介上手いなぁ」と思った。

ブラックスピネルとトーセンマタコイヤは枠による不利も少なくなかったです。

 

1着サトノアーサー

珍しく好スタートを決め好位での競馬。直線では進路も開けていて、しっかりエンジンかけきれたのもよかったです。良馬場だとちょっと足りないところがある馬なので馬場が渋ったのも向きました。

 

2着ハクサンルドルフ

こちらもサトノアーサー同様に良馬場だとちょっと足りない感じ。重馬場まで渋ったのはよかったです。人気しがちな馬で買い時がなかなか難しい。良馬場では割り引いている方が馬券的には美味しいと思う。

 

6着ベルキャニオン

運良くいいポジション獲れたのも大きかったんですが、前に厳しいなかでよく頑張りました。

この馬はずっといい競馬していて重賞でも十分通用するはず。人気ないうちにどっかで馬券に絡んでほしい。

 

12着スマートオーディン

特に強調する結果ではなかったんですが、長期休養明けでこれだけやれれば十分ですね。スロー専の馬なのでローカル小回り重賞は厳しそうですが新潟ならチャンスありそう。

 

13着トーセンマタコイヤ

元々重馬場苦手なうえに終始内を走る苦しい内容。今回の敗戦は度外視していいでしょう。

 

14着ダイワキャグニー

追って追ってでも進んで行かず、やはり重馬場は苦手そうですね。次走以降改めて。

 

15着アデイインザライフ

馬場も影響したのかなぁ。さすがにここまで負ける馬ではないはず。重賞勝っている新潟の開催も始まるので人気ないなら注意しておきたい。