2017JBCクラシックの予想です。本命グレンツェント

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

 

古馬中距離ダート路線での大将的なアウォーディーを中心に川崎記念優勝のオールブラッシュ、帝王賞ケイティブレイブ、昨年の東京大賞典覇者のアポロケンタッキーなどなど、なかなかの好メンバーが揃いました。

 

1番人気に予想される1枠1番アウォーディーですが直線で抜け出すとソラを使うという悪癖がありなかなか勝ちきれません。

とはいえ前走の帝王賞はドバイ帰りのうえゲート内で落鉄するというアクシデントに見舞われながらも3着と好走し、やはり能力は高いです。

目標はチャンピオンズCや東京大賞典になると思うのでそこがどうでしょうか。

 

2番人気予想のアポロケンタッキーはいまいち特徴がつかみきれなかったんですが、前走日本テレビ盃では勝負所で器用に加速して勝ちきるという強い競馬でした。

しっかり先行できれば大崩れすることは考えにくいですね。

 

スポンサーリンク
 

 

1番人気2番人気ともに評価を下げる要素が少ないだけに穴馬を買うには不安も残るんですが、本命はグレンツェントにしました。

3歳時にはケイティブレイブにも勝っているしアポロケンタッキーともタイム差なしの2着と強い競馬をしています。

年明け初戦の東海Sでもしっかり勝ちきり、今後の中距離ダート界の中心になるようにも思えたんですが、その後のアンタレスS平安Sともに見せ場なく惨敗し評価を落としています。

 

とはいえアンタレスSでは初の58キロが響いたと思いますし平安Sでは超ハイペースの中グレイトパールの規格外のまくり競馬があり敗戦も致し方ないかなといった印象。

今回はそこまでハイペースになるようには思えないですし、大井で乗りなれている森泰斗騎手が乗るのも魅力です。

よっぽど恵まれない限り勝ちきるまでは難しいでしょうが馬券圏内なら十分考えられます。

 

他の中央馬についても考えてみましょう。

3番オールブラッシュ

斤量が厳しかった名古屋大賞典はともかく前走帝王賞が案外な競馬でした。

帝王賞は道中すべて12秒台のラップで進むよどみのない競馬だったので、川崎記念と比較するとそういったところが向かなかった可能性があります。

今回もケイティブレイブアポロケンタッキーと手ごわい先行馬がいるため、つつかれると厳しそうな反面、2頭がアウォーディーをマークして仕掛けが遅くなることも考えられます。

そうなるとオールブラッシュにとっては絶好の展開になるわけで、好走する可能性も十分でてきますね。

 

5番ミツバ

4着と好走した川崎記念にしても比較的メンバーが薄かったわけで、今回はちょっと厳しいかなぁと。

よっぽど展開がハマれば馬券圏内もありそうですが。

 

スポンサーリンク
 

 

8番サウンドトゥルー

メンバーが手薄ならペース問わず追い込んで来れる馬ですが、これくらいメンバーが揃っていると展開の利が欲しいところ。

ペースが速ければしっかり追い込んで来れる馬ではあるんですが、道中緩めたいオールブラッシュ、以前と比べて逃げにこだわりがなさそうなケイティブレイブがペースを握るなかではどうかなぁと。

 

12ケイティブレイブ

かなりのハイペースを逃げ粘った平安Sを評価していたんですが、帝王賞では出遅れから追い込み競馬で1着になるというなんともつかみどころの難しい馬ですね。

海外遠征もなく順調に使われている強みもあり、今回も優勝候補の一頭に数えられるでしょう。

 

予想

グレンツェント

アウォーディー

アポロケンタッキー

ケイティブレイブ

サウンドトゥルー