【競馬予想】2018金鯱賞の予想です。本命メートルダール

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

 

昨年の大阪杯のG1昇格に伴いわざわざ開催時期を変更したわけですが、今年は9頭の出走と少し寂しい開催になってしまいました

大阪杯の前哨戦になるレースなので「ここが本番なのか」「目標は先なのか」といった陣営の勝負度合いがカギになりそうですね

 

予想

◎メートルダール

スワーヴと迷ったけど単勝の旨味も大きそうなのでこっちを本命に

逃げ馬不在でかなりペースが遅くなりそうなので、マイルでも通用するスピード能力を評価しました

3走前の多摩川Sはマイルで好成績を上げているハクサンルドルフ相手にしっかり勝ちきっていて、このメンバー相手でもスピード能力は上位でしょう

前走にしてもロードヴァンドールが緩いペースを作るなか、外目を回って完勝と強い内容でした

厩舎コメントでは「大阪杯に向けて好発進を切りたい」ということですが、16年のセントライト記念以降すべて左回りのコースを使っていることを考えると、1番の目標は今回じゃないかと思います

中京得意な福永騎手の後押しも期待

f:id:mugi_1023:20180310192917p:plain

(引用:うまスクエアさんより)

 

○スワーヴリチャード

サトノダイヤモンドがいまいち信頼置けないなかで単純に能力だけで考えるとこの馬が1番だとは思う

ただ、ダービー以降長い距離中心に使われてきたので2000Mでの切れ味勝負に対応できるか若干不安

3角までにしっかりポジション獲れれば崩れることはないと思うけど、スタートも不安定なところがあって序盤のポジショニングがどうなるか

末脚確かな馬なだけに先日のペルシアンナイトのようにのんびり構えていると届かない可能性も出てきそう(こういうケースを想定するとキリがないんだけど、ペルシアンの中山記念でガッツリ負けてしまって強く推せないところがある…

 

▲ブレスジャーニー

2歳時ではあるけどマイル重賞も勝っていて切れ味勝負も対応できそう

右回りでは斜めに走っているような感じでぎこちないところがあるので、左回りに変わっての上昇も見込めます

強い4歳世代の実績馬で、それこそ2歳時にはスワーヴリチャードにも勝ってるわけで、この距離なら逆転の可能性もあると思います

 

△サトノダイヤモンド

海外帰りで状態面でも不安が残るしスワーヴ同様長い距離中心に使ってきたので、2000の瞬発力勝負でどうかなってのもある

遠征前は国内最強馬と言ってもいいくらい強かったので一応押さえに

 

△ダッシングブレイズ

前走は休み明けのうえに苦手な小回りコースという悪条件でしたが、トリオンフが前を一掃する厳しい流れのなかで4着と健闘できました

元々はマイル路線で活躍していた馬でスピード能力は確かです

2000Mを克服できればチャンスも出てきそう

 

そのほか

・ヤマカツエース

昨年の有馬記念は内有利な馬場状況のうえに勝ち馬キタサンブラックの後ろという絶好のポジションのなかで10着と大敗してしまいました

やはり秋のG1を3連戦というのは消耗も激しかったと思います

中2ヵ月で立て直しきれているか不安もあり、そこそこ人気していることを考えると手を出しにくい

 

・サトノノブレス

押し出される形で逃げる競馬になりそうです

大逃げでもあればおもしろいかもしれないですが、幸騎手がレースを壊すような騎乗をするようには思えない(武さんが逃げると執拗に追っかけるときがありますがw

昨年の金鯱賞は5番人気とそこそこ人気していただけに、なめられすぎな感じはあるんですが、さすがに厳しいかと

 

・アクションスター

逃げ馬不在のレースなので奇襲的に逃げる馬も出てきそう

そういった場合この馬かなぁとは思うんですが、それでもやっぱり厳しいかなぁ

 

まとめ

◎メートルダール

○スワーヴリチャード

▲ブレスジャーニー

△サトノダイヤモンド

△ダッシングブレイズ