2018阪神牝馬ステークスの予想です。本命リスグラシュー

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

 

1600Mに変更された2年前からは、2.1.5人気1.3.4人気で決着と非常に硬いレースになりました。

最初と最後の直線が長くて、紛れの起きにくいコース形態が影響しているのかなと思います。

長い直線が影響して後傾ラップになりやすく、過去2年ディープ産駒が2頭ずつ馬券圏内に入っています。

今年は流石に苦戦しそうなメンバー構成ですが、ディープ産駒のように後傾ラップで速い上がりが出せる馬には注意しておきたいですね。

 

◎リスグラシュー

本命はリスグラシューにしました。

ハーツ産駒ということもあって元々左回りが得意な馬ですが、それにしても前走強かったです。

2歳時3歳時は「エンジンのかかりが遅い馬だけど、左回りは幾分マシ」というレースぶりでしたが、前走は非常に反応よく、馬自身かなり成長しているように見えます。

目標は明らかにヴィクトリアマイルなので、頭まであるかというと微妙ですが、充実期の今なら。

 

○ソウルスターリング

シンプルに「格」重視ならこの馬。

前走は壁が作れなくてかかってしまいましたが、800Mの大幅短縮ならかかる可能性は低いはず。

逃げ馬不在のメンバー構成なので「折り合い重視で壁を作りたい」なんてレースになると不安ではあるんですが、しっかりペースメイクできればチャンスも大きい。

斤量も重く、目標も先ではあるんですが、G1馬らしいレースぶりを期待したいです。

 

▲ミスパンテール

こちらも急成長の4歳馬。

3走前の清水Sでかなりかかっていたので、距離延長のうえにスロー想定となると難しいレースになるかもしれない。

本番乗り替わりになりそうななかで(アエロリットとの兼ね合いで)横山典さん据えてるわけで、ここでの本気度が高そうで3番手評価にしました。

 

△ミリッサ

シンハライトの妹で新馬から期待の高かった馬ですが、ようやく軌道に乗ってきた様子。

チューリップ賞ローズSはここでの上位馬を相手に健闘していますし、ここを目標に仕上げている強みもあります。

 

△ミエノサクシード

阪神得意で決め手のある馬なので一応押さえに。

休み明けでどうかなってのはありますが、この人気なら。

 

△レッドアヴァンセ

この馬もクラシック戦線で頑張っていた馬ですが、ようやく軌道に乗ってきた感じです。

カワキタエンカやフロンテアクイーン相手に勝ちきっているので、牝馬限定重賞ならチャンスはありそう。

今回はさすがに相手が手ごわいですが、この人気なら一応押さえておきたい。

 

他の人気馬について。

アドマイヤリードは高速馬場適性に疑問があり、4歳馬との比較や斤量を考えると買いにくい。当日の雨次第ではチャンスもありそう。

ジュールポレールは好調4歳世代もいるなかで、ちょっと人気しすぎに見える。

ラビットランはもう少し距離があった方がいいと思う。

 

まとめ

◎リスグラシュー

○ソウルスターリング

▲ミスパンテール

△ミリッサ

△ミエノサクシード

△レッドアヴァンセ

 

リス: 住まい、食べ物、接し方、病気のことがすぐわかる! (小動物 飼い方上手になれる!)

リス: 住まい、食べ物、接し方、病気のことがすぐわかる! (小動物 飼い方上手になれる!)