2018桜花賞の予想です。本命リリーノーブル

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

 

最初と最後の直線が長い阪神外回り1600なので、基本的には紛れの少ないコースだと思います。

ただ、戦績による能力比較が難しいレースなので、そういうところで「わりと荒れがち」なレース傾向にあるのかなと。

 

前哨戦のチューリップ賞、フィリーズレビューが本番とガラっと傾向が変わるので、そういうところも影響が大きそうですね。

開幕2週目で前が残りやすいチューリップ賞から、開催終盤で差し有利になりがちな桜花賞(今年は馬場状態が良好なのでチューリップ賞とは関連性が高そうですが)

フィリーズレビューにしてもスプリンターの参戦が多い1400戦でペースが速くなるので、桜花賞とは傾向が変わってしまいます。

前哨戦で「負けたけど浮上が見込める馬」「勝ったけど危険な馬」を見つけることが的中へのカギになりそうです。

 

◎リリーノーブル

まずラッキーライラックとの比較で考えると、2走前の阪神JFはマークされるポジションなのが影響大きかったですし、前走は前哨戦で脚を測ったような内容で、まぁ悪くはなかったと思います。

過去2走は外目追走で壁が作れず、道中少し行きたがる様子もありました。

3走前の白菊賞を見ても、本来は壁を作りながら前目内目のポジションを獲ることがベストの馬で、スムーズにポジションを獲れれば逆転の可能性も十分あると思います。

それゆえに、もう少し内枠が理想でしたが、桜花賞の5枠はレーヌミノル、ジェンティルドンナ、アパパネ、ブエナビスタなどが勝っている縁起のいい枠でもあります。

ラッキーライラック目線で考えると一見「勝負付けは済んだ」ように見えるのもおもしろいところで、別路線組のアーモンドアイ、アンコールプリュ、プリモシーン辺りの末脚を警戒するはず(願望)。

そうなれば好位先行で上手く出し抜けるかもしれません。

 

○ラッキーライラック

王道路線でこれだけの成績を上げているわけで「強い」の一言に尽きます。

リリーノーブルとの「2強」と思っていますが、前走+10キロで完勝しているわけで、自分の想像よりも成長している可能性もあります。

近年桜花賞で人気を裏切った馬との比較で考えると、アドマイヤミヤビ、ルージュバックのようにエンジンのかかりが遅い「ということもなく」メジャーエンブレム、ソウルスターリングのように切れ味が足りない「こともない」です。

ゲートも安定しているので出遅れのリスクも少ないです。

1番枠を不安視する声もありますが、個人的には悪くない枠だと思います。

ミルコ、ルメール、武豊騎手が近くにいた場合、最序盤のポジショニングや勝負どころで難しい競馬になるかもと思っていたんですが、こぞって外枠に行ってしまいました。

さらに先行勢には美浦の後輩騎手である大野騎手がいるわけで、勝負どころで包まれる可能性も少ないんじゃないでしょうか。

 

▲プリモシーン

3番手以降は桜花賞と相性のいいディープ産駒を中心に選びました。

前走フェアリーSが好内容で、大外を回りながらの4角での加速が非常にスムーズだし、ロスの大きい競馬のなかで着差をつけて勝ちきったことも評価できる内容でした。

個人的に世代上位と見ているテトラドラクマとの比較で考えても、ここでもチャンスはありそう。

 

△マウレア

出走権がなかったので前走明らかにメイチの出来だったわけですが、栗東滞在が合っているようで調子は悪くなさそうな様子。

上位2頭を相手に逆転までは難しいと思いますが、3着なら。

 

△トーセンブレス

新馬戦ではプリモシーンを相手に完勝、阪神JFでもしぶとく追い込んで4着、前走フラワーCも小回りの中山で末脚を発揮しきれないなかで差のない2着と、非常に強い内容でした。

ゲートがいまいちなので最序盤のポジショニングがカギ。

5分程度でスタートできればチャンスもある。

 

△フィニフティ

新馬戦がなかなか内容よくて、道中好位先行しながら勝負どころで加速し、騎手が促すとしっかり脚を使って完勝。

レースセンスが非常に高い印象を受けました。

前走クイーンCにしても新馬とは一転してペースが速くなったなかで、しっかり脚を使って2着。

まだまだ底を見せていない馬ですし、上昇も見込めます。

レッドレグナントについて行って好位先行できればおもしろそうです。

 

他の馬について

・アーモンドアイ

過去3走すべて、相手のレベルが低いレースだったと思います。

前走は前残りのレースを差しきる内容で、1頭だけレベルの違うレースぶりでしたが、この人気だと疑ってかかりたい。

 

・アマルフィコースト

前走本命にした手前後ろ髪を引かれるところもあるんですが、気性難がある馬で距離延長はちょっとなぁ。

ダイワメジャー産駒ということもあって、イメージ的にはレーヌミノルに近いんですが、現状レーヌミノルほどパフォーマンスを発揮できてないかなと。

 

・ハーレムライン

末脚比べになると分が悪いので、ある程度離して逃げたいところですが、3角4角の大きなコーナーがやっかい。

さらに直線も長いので、コース形態的に合わないように思う。

 

・アンコールプリュ

スローの切れ味勝負向きだと思っていたので、ハイペースのフィリーズレビューでしっかり脚を使えたのは意外でした。

ここでもチャンスはありそうですが、フィリーズレビュー組は基本的に阪神JF好走実績のある馬以外不振の傾向があるうえに、藤岡康太騎手も阪神1600不振なようで、思い切って無印にしました。

 

まとめ

◎リリーノーブル

○ラッキーライラック

▲プリモシーン

△マウレア

△トーセンブレス

△フィニフティ 

 

ノーブルウィッチーズ 第506統合戦闘航空団(1) (角川コミックス・エース)

ノーブルウィッチーズ 第506統合戦闘航空団(1) (角川コミックス・エース)