2018アンタレスステークスの予想です。本命トップディーヴォ

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

 

アーリントンカップの移行もあって皐月賞の真裏での開催に変更されました。

そういうこともあって乗り替わりが多いですね。

となると「継続騎乗」の馬は、ここを目標に調整している可能性が高く、プラス材料として考えたいです。

 

コース傾向

1コーナーまでが約300Mと短いので、外枠は「やや不利」

すぐにコーナーに入ってゴチャつくわけで、出足の鈍いところがあるグレイトパールにとっては最序盤での立ち回りがカギになりそう。

一方で3角4角が緩く、まくりやすいのはグレイトパールには追い風かもしれない。

 

◎トップディーヴォ

ミスパンテール、アンジュデジールなどでもお馴染みの横山典×昆貢コンビ。

脚抜きのいいダートは得意だし、内目の枠でディアデルレイの外目というのもいい。

 

○ディアデルレイ

単騎で逃げればしぶとい。

2走前はテイエムジンソクがいたし、前走は同馬主のエピカリスに絡まれるというまさかの展開。

今回単騎で行けそうなので、チャンスもありそう。

 

▲ロンドンタウン

海外遠征後はいまいちな内容でしたが、前走マーチSはハンデも重いなかでしぶとく伸びていて復調気配。

昨年は重馬場でテイエムジンソクを撃破していることもあって、馬場状況も向きそう。

 

 △グレイトパール

能力は1枚も2枚も上ですが、長期休養明けの上に阪神1800で内枠というのは大きなマイナス。

元々中井騎手での出走を予定していたこともあって、今回は叩きかなぁという感じもある。

 

△ナムラアラシ

前走はダート戦ながら内を突いて器用に伸びてきたのがよかった。

「ペースが上がらずゴチャつきそう」「転厩初戦」ということもあって△評価

 

△クインズサターン

前走は比較的前目のポジションから伸びてきて、馬自身成長している印象を受けます。

いろんなコースで安定して結果を残しているのも魅力で、ここでもチャンスはあると思う。

牝馬にしては56キロ重いなーと思ってたんですが、この馬牡馬だったんですね…(「クイーン」に引っ張られた…)

マーチSの記事で「牝馬が55キロ背負って健闘した」なんて書いてて赤っ恥(´・ω・`) 

 

△ユラノト

前走撃破したマイネルオフィールが、ナムラアラシを相手に健闘していることを考慮して△評価。

「前が有利」と踏んでの予想ということもあって、押さえておきたい。

 

まとめ

◎トップディーヴォ

○ディアデルレイ

▲ロンドンタウン

△グレイトパール

△ナムラアラシ

△クインズサターン

△ユラノト

 

ロッテ トッポ 2袋×10箱

ロッテ トッポ 2袋×10箱