2018マイラーズカップの予想です。本命サングレーザー

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

 

最初のコーナーまでが約700Mと非常に長いうえに、最後の直線も約400Mとまずまず長め。

3角4角が非常に緩いためスピードに乗りやすく、能力の発揮しやすいコースになっています。

開幕週ということもあって先行馬が穴を空けるケースが多く、前に行けそうな馬は注意を払っておきたい。

 

◎サングレーザー

昨年の連勝期から、コースや馬場状況が異なるなかで結果を残していて、「適応力が非常に高く、かなり強い」という印象を受けました。渋った馬場のスワンSマイルCSで結果を残しながら、レコード決着の阪神Cでも3着に入ったのは驚いた。

(斤量面で)3歳馬不利のマイルCSでもエアスピネルとは0.1秒差の内容だったし、成長期の4歳馬ということを考慮すれば、逆転している可能性も十分ある。

斤量1キロ重いのは気になるところだけど、それだけに人気も低い。

重い印を打つ価値はあると思う。

 

○エアスピネル

「スローの切れ味勝負」にさえならなければ高いレベルで安定しています。

昨年の東京新聞杯、マイラーズCを見ても、マイルならスローでもそれなりに脚を使えているので、ここでもチャンスは大きい。

 

この2頭を中心に、展開次第で浮上しそうな馬を押さえておきたい。

 

▲ロジクライ

ちょっと人気しすぎかなぁ~。とは思うんですが、長期休養明けとなった元町S以降はまだ底を見せていないと思うし、展開次第ではチャンスありそう。

同舞台の土曜10Rでは川田騎手が内の先行馬を差しきれず、1番人気を飛ばしてしまいました。

そのレースを意識して、内々にこだわってレースをしてくれれば。

 

△ヤングマンパワー

スローのロンスパ戦向きなので、岩田騎手は合っているはず。

マイルCS後にノド鳴りの手術をしたそうで、プラスに働けば。

 

△ベルキャニオン

前走の東京新聞杯はレベルの高い1戦だと思っていて、高速馬場ではないなかでラスト11.1-11.0-12.0のラップはなかなか強烈だった。

そんななかで、内有利な馬場を外回して0.3差の7着というのは優秀な結果。

藤岡佑介騎手がかなり乗れてるし、高速馬場得意なディープ産駒。

人気はないけどチャンスはありそう。

 

以上5頭

モズアスコットは気性面で1600への延長はどうかな?ってのがある。

外目の枠に入ったことで「壁を作れずにポジション下げてしまう」ってケースもありそう。

ここを買っちゃうと回収率がついてこないので、思い切って無印。

ブラックムーンは出遅れがキツいので道中スローが欲しい。

序盤はスローになりそうなメンバー構成ですが、3角4角でペースを上げたい馬もいるので、そこで脚を使うことになると厳しそう。

 

まとめ

◎サングレーザー

○エアスピネル

▲ロジクライ

△ヤングマンパワー

△ベルキャニオン

 

ウマ娘 ダービーラバーマスコット [4.ウオッカ](単品)

ウマ娘 ダービーラバーマスコット [4.ウオッカ](単品)