2018フローラSの回顧反省会です。

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

 

パイオニアバイオってなんじゃあーーー/(^o^)\/(^o^)\/(^o^)\

 

1着サトノワルキューレ…○

2着パイオニアバイオ…無

3着ノームコア…無

 

勝ちタイム1:59.5

13.1-12.0-11.8-12.1-12.1-12.0-11.9-11.5-11.3-11.7(61.1-58.4)

 

最序盤にオハナの斜行があって内の差し馬はかなり大きな不利になってしまった。

東京2000は最初の直線が短いので、基本的には内有利なコースなんですが、それゆえに内に殺到して不利を被るケースも出てしまいますね…。

 

1着サトノワルキューレ

過去のレースぶりから、ここまで末脚発揮できるとは思わなかった。

道中ペースが緩まなかったので、あまり切れ味を求められなかったのもよかったです。

オークスでも俄然注目の1頭ですが、瞬発力勝負になるとちょっと不安かな。

鞍上ミルコならペース落ち着いても道中動いて行けそうですが。

 

2着パイオニアバイオ

改めて過去の戦績を振り返ると、2走前は今回穴人気してたラブラブラブと僅差の競馬だし3走前のゴージャスランチも忘れな草賞3着馬で、前走勝ったシゲルシイタケも次走すぐに未勝利脱している。

不利な外枠ということもありましたが、単勝90倍はちょっと舐められすぎでしたね。

ルーラーシップ産駒なので、距離伸びてよさが出てきたように思います。

展開で恵まれればオークスでもチャンスはありそう。

 

3着ノームコア

大外枠からしっかりポジション獲れたし、能力は発揮できたはず。

現状重賞で勝ちきるにはちょっと足りないのかな。

骨折での休養もあった馬なので、今後の成長に期待。

 

4着サラキア

比較的スタートよかったんですが、オハナ絡みの不利もあって後方待機。

直線器用に動いて追い詰めるも、わずかに届かず4着。

最序盤スムーズだったら2着はあったはず。

器用に動けるのは大きな強みだしスタートも改善の兆しが見られ、今後楽しみな1頭です。

 

5着ファストライフ

勝負どころでサトノに蓋されたのが痛かったですね。スムーズなら差はわずかだったはず。

距離伸ばしてよさが出てきたし、あまり人気しないタイプの馬なので、今後も注目しておきたい。

直線でふらふらするところがちょっと気になる。

 

14着オハナ

流れたクイーンCでも結果を残しているしここまで負けたのは意外な結果。

ノースフライトからの母系だし、2000はちょっと長いのかなぁと感じでしまう負けっぷりでした。

 

最序盤での不利が大きかったノーブルカリナン・ウスベニノキミ・オスカールビーも力負けではないので、今後注目しておきたい。

特にオスカールビーは直線で池添タックルも食らっていて、この時期の3歳牝馬にとってはかわいそうなレースになりました。

 

そこそこ荒れるレースなので○サトノからも手広く流していたんですが、パイオニアバイオは抜け…(´・ω・`)

◎サラキアがスムーズなら2着は入れたはずなので、予想自体は悪くなかったと思いたい。

まぁそれでもパイオニアバイオをフォローできなかったのは反省だし、今後気をつけたいです。

 

【早期購入特典あり】ワルキューレは裏切らない(CD)(クリアファイル A5サイズ 付)

【早期購入特典あり】ワルキューレは裏切らない(CD)(クリアファイル A5サイズ 付)