2018マイラーズカップの回顧・反省会です。

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

 

1着サングレーザー…◎

2着モズアスコット…無

3着エアスピネル…○

 

勝ちタイム1:31.3レコード

12.2-10.7-11.0-11.9-11.4-11.2-11.2-11.7(45.8-45.5)

ラップ構成だけ見ると平均ラップですが、序盤4F目に上り坂があるので「若干前に厳しい流れ」になりました。

極端に瞬発力を求められるところもなく、地力のある馬が順当に結果を残したレースだと思います。

 

1着サングレーザー

エアスピネルをマークしながらの競馬。内でロスなく競馬をしたうえに前に大きなスペースがあったので、展開も大きくハマったと思います。

とはいえ、重い斤量で結果を残したのは立派だし、馬自身大きく成長している印象を受けます。

ペース馬場を問わない適応力の高さに、今後の活躍を期待せざるを得ないです。

次走の安田記念でも注目の1頭ですね。

 

2着モズアスコット

気性的に不安なところもあったんですが、ややハイの流れを前目で押し切って2着「こういう競馬もできるのかぁ」と素直に感心。

能力は非常に高い馬ですが、気性のこともあって全幅の信頼は置きにくい。

まぁでも、距離延長のレースでこれだけやれるなら、さほどマイナスはないのかな。

テン乗り騎手なら不安だけどルメールのままなら安田記念でも楽しみ。

 

3着エアスピネル

一瞬の瞬発力が武器の馬なので、勝負どころで外々回ったのがちょっと痛かった。

レコード決着の高速馬場も若干不向きで、そのなかでの3着は評価できると思う。

アクシデントで中山記念を回避した経緯もあったわけで、コンディション面でも本調子とは言い難かった。

安田記念でも本命候補。内目の枠や雨が欲しい。

 

4着ガリバルディ

近走不振だったなかでよく頑張ったと思う。

東京新聞杯は内伸び馬場を外回したにしても負けすぎだったので、よく復調できたなぁ。

G3以下の良馬場なら今後もチャンスはありそう。

 

5着ベルキャニオン

前が厳しい流れのなかでよく頑張りました。

東京新聞杯も悪くない内容だったし今後も期待できる結果です。

 

7着ロジクライ

前に厳しい流れだったので、展開的にも苦しかったです。

レコード決着の高速馬場も向かなかったかも。

もっとゆったり進めたいタイプなので、もう少し距離が長くてもいいかもしれません。

 

12着ヤングマンパワー

こちらも「スローで先行できれば」という馬なので、序盤に脚を使ったのが厳しかったです。

ノド鳴りの手術明けだったのも影響あったかもしれません。

力負けではないと思うし、今後も注意しておきたい。

 

◎○軸に前残りをフォローする買いかたでトリガミ(´・ω・`)

スピネル2着かベルキャニオン3着ならよかったんだけど…

モズアスコットは能力出しきれるなら強い馬なので、ここを消し扱いにしたのは悪手だったなぁ。

 

グリーンマイル [Blu-ray]

グリーンマイル [Blu-ray]