2018青葉賞の回顧反省会です。

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

 

青葉賞の回顧の前に、ちょっとブログのタイトルを変えようと思いまして、題して「オケラ街道からの帰還」

ん~wどうでしょうか?w

最寄りの競馬場が中山ということもあるしオケラ街道をよく利用している(小声)ということもあって、わりと気に入ってます。

まあそんなこんなで改めてよろしくお願いします。

とりあえずヘッダーだけ変えました。

最近いまいち流れに乗れないので、運気が変わってくれればいいな…!

 

青葉賞回顧

1着ゴーフォザサミット…△

2着エタリオウ…無

3着スーパーフェザー…◎

 

13.2-11.2-11.8-12.2-12.4-12.7-12.3-12.2-12.0-11.6-11.1-11.7(60.8-58.6)

1角2角で緩み、向こう正面の下り坂から徐々に加速していくレース展開。

そこそこ離して逃げていたディープインラヴの地点ですらスローの流れなので、2番手以下の馬はドスローの流れ。

スーパーフェザー以外は前目の馬で決まったことから見ても、後ろの馬には難しいレース展開になりました。

 

1着ゴーフォザサミット

距離延長が実を結んで好位前目からの競馬。

エンジンのかかりが遅く、抜け出すところで手間取るところはありましたが、2馬身差をつけての完勝。

 

「道中ポジション獲れない馬」「不器用なハーツ産駒」距離延長の東京替わりは絶好の狙い時ではあったわけで、ここを強く推せなかったのが大きな反省点。

近年特に社台の馬が強いレースだったので、矢野牧場でどうなんかなぁ~と思ってしまった。

さらに前走1800組が戦績悪いこともあって、スプリングSからの参戦なのも不安だった。

馬の個性よりもレース傾向を大事にしてしまったのが馬券的には敗因。

 

展開的にもかなりハマった感が強いので、ダービーではちょっと厳しいかなぁとは思う。

 

2着エタリオウ

 2番手集団やや外目で先行し、直線では上手くゴーフォザと併せ馬になる形に持ち込んで2着に粘り込みました。

 

前走2400組が強いレースのうえに近年活躍目立つ社台グループ生産馬。

レース傾向を大事にしながら、ここを拾えないのが我ながらアホだなぁと思う(´・ω・`)

過去4戦騎乗していた和田さんが、ノストラダムスの方に乗っていたのも気になってしまった。

自分の予想のなかで騎手のファクターを重視しすぎている感があり、それが原因で結果がついてきていないようにも感じる。

今後注意していきたい。

 

3着スーパーフェザー

1角までにちょっと行きたがるところがあったのか、抑え気味の競馬で中団待機。4角で前が横に広がったところをジッと我慢してロスなく外に進出するも、前を捕えきれず悔しい2着。

 

結果論ではあるけど1角で折り合い重視して1列下げたのが痛かったかな。

騎乗自体は悪くなかったんですが、いろいろと噛み合わなかったですね。

前がなかなか止まらないなかで、中団からよく伸びてきたと思う。

今後も注目の1頭です。

 

6着サトノソルタス

大外枠ということもあって序盤は後方からの競馬。向こう正面でまくりながら進出するもまくりきれず、直線での伸び脚も欠いて6着でした。

 

まくりに行ったところでレース全体の流れも速くなってしまい、まくりきれなかったのが痛かった。

こちらもいろいろとハマらなかったなーという感じ。

内目の枠ならもっとやれたと思うし、力負けではないです。

 

8着ダノンマジェスティ

直線向いたところでは後方集団でしたがジリジリ伸びて来て8着。

 

騎手の指示通りにまっすぐ走れたのは大きな収穫だと思う。

3角4角での反応が鈍かったのとエンジンのかかりが遅いのが気になるところ。

まだまだ成長途上だと思うけど、今後重賞戦線で戦っていくうえで悪くない結果は残せました。

 

10着オブセッション

んー。まったくいいところがなかったですね…。

距離に壁があったのか、馬にやる気がなかったのか。

もう数戦様子見したい。

 

18着ダブルフラット

単騎で逃げられないと、ここまで着順落とすかー。

展開次第ではしぶとい馬なので、しばらく注目しておきたい。

 

馬券の方はスーパーフェザー軸の馬連流しで撃沈(´・ω・`)

スーパーフェザーくんがもうちょい鼻高ければ…。

 

ねんどろいど NEW GAME! 涼風青葉 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア 再販分

ねんどろいど NEW GAME! 涼風青葉 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア 再販分