2018オークスの回顧・反省会です。

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

 

いやぁリリーノーブル頑張ったんだけどなぁ。直接対決3連敗中のラッキーライラック相手にようやく勝利。厩舎陣営や川田騎手の執念が画面越しからも伝わってきて感動さえ覚えるレースぶりでした。

ただ1頭、それ以上に強い馬がいた…

 

2018オークス回顧

1着アーモンドアイ…★

2着リリーノーブル…◎

3着ラッキーライラック…○

 

勝ちタイム2:23.8

12.6-11.1-12.0-11.9-12.0-12.2-12.4-12.3-12.4-12.2-11.1-11.6(59.6-59.6)

 

ラップだけ見ると例年のオークスより速めですが、これは飛ばして逃げたサヤカチャンの仕業。1000M通過地点で10馬身ほど差があったので2番手のところは61秒ちょっとくらい。距離に不安のあるオークスらしく若干緩めのペースでした。

 

1着アーモンドアイ

この馬にしては良すぎるくらいのスタートで中団前目の競馬。序盤ややかかり気味だったがカンタービレで壁を作ると落ち着きを取り戻す。リリー、ラッキーを見ながらじわっと進出しゴーサインで一気に加速し完勝。1頭レベルの違うところも見せつけました。

能力最上位の馬にこういう競馬をされたら敵わんですな。壁を作れないリスクもあるし脚質変えて敗戦したら批判の的にもなるわけで、馬を信じたルメールの好騎乗でした。

三冠に向けてほとんど死角なし。強いて言えばコーナー4つの1周コースの適性くらいでしょうか。

同じくシルク&ノーザン天栄のプリモシーンをスルーさせてることからも、相当自信あったんだろうなぁ。

 

2着リリーノーブル

人馬ともに完璧な内容だったと思う。直線で外目に進出して差し馬封じる動きも見せてくれたし、これで負けたらしょうがない。

器用な馬なので安定して好成績を残せるはずだし秋以降も注目しておきたい。

 

3着ラッキーライラック

非常に無難な内容だったけど能力は出しきれたと思う。ラスト2Fの上り坂で内によれていたのを見ると「マイルくらいがベストなのかも」という感じもある。

次走おそらくローズSだと思うけど、距離の適性を見極められたらなと思う。

 

4着レッドサクヤ

前走桜花賞は返し馬での衝突なんかもありながら悪くない内容だったし、世代上位とは差があるけど2番手集団の1頭には入る馬ですね。「体質がしっかりしてきた」ということで秋以降の成長に注目。

 

5着マウレア

道中のポジショニングも安定してきていて馬自身は成長していると思う。ここ目標に調整してきた上位2頭と違って、1戦余分に使ったこともあるし秋以降改めて期待。

 

6着サトノワルキューレ

やはりキレ味勝負になると分が悪いわけで、どこかしらで工夫が欲しかった。

ミルコも最後は緩めていたし着差ほどは差のない内容ではある。

2400より長くてキレ味勝負にならない舞台の適性が高そう。

 

9着オールフォーラヴ

内々でロスなく競馬ができたわりに残念な内容。

過去2戦キツい競馬が続いていたのでお釣りがなかったのかなぁ。キレ味勝負も苦手かも。

 

馬券はちょっとプラスでした。

リリーが勝ってくれたらなぁ(´・ω・`)

 

クリストフ・ルメール 挑戦 リーディングジョッキーの知られざる素顔

クリストフ・ルメール 挑戦 リーディングジョッキーの知られざる素顔