2018葵ステークスの予想です。本命アンヴァル

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

 

今年から重賞に格上げされた葵ステークス。

開催時期の関係もあって「NHKマイルをスルーして、ここ目標に調整されてきた馬」を狙いたいところ。ということで登録段階ではアンフィトリテを本命予定だったんですが残念ながら直前で回避。

ならばアサクサゲンキといいたいところですが、人気ほどの信頼は置けないかなぁとも思う。この馬の評価については後程。

 

過去5年ラップデータ

【13年】12.1-10.8-11.0-11.2-11.4-12.2(ティーハーフ)

【14年】12.1-10.4-10.9-11.1-11.1-11.9(リアルヴィーナス)

【15年】12.3-10.5-11.2-11.4-11.2-11.4 (ジャストドゥイング)

【16年】12.4-11.0-10.9-11.1-10.9-11.6(ナックビーナス)

【17年】12.6-11.0-11.3-11.6-11.5-12.5(アリンナ)※不良

 

最初の直線は約320M。上り坂を考慮すると2F目がかなり速い。ラスト4F過ぎの下り坂を経て約330Mの直線でフィニッシュ。

下り坂の勢いからそのままゴールインできるので基本的には先行有利。最初の直線が短めなので内枠も有利ではある。わかりやすく内目前目が有利なコースなので内でゴチャつく危険性も想定しておきたい。今年からの重賞格上げで全体的にレベルが底上げされているはずなので、内で包まれたら抜け出すのも難しそうではある。

 

◎アンヴァル

3走前の福島2歳Sはノーステッキで0.4秒差完勝と非常に強い勝ちっぷり。1200ならまだまだ底を見せていない馬です。

お母さんが早熟な馬だったので成長力には疑問も残りますが、フィリーズレビュー程度走れたらここでは格上の存在でしょう。

中目の良い枠にも入れたこともあり勝ち負け期待したいです。

 

○トゥラヴェスーラ

短距離路線2戦目となった前走は0.4秒差の完勝でした。この路線の500万条件でまずまず結果を残している馬相手(マイネルエメ、バーニングペスカなど)のものだけに「重賞でも」と期待できるレースぶり。

外目からスムーズに流れに乗れればチャンスは大きい。

 

▲オジョーノキセキ

前走ガッツリ出遅れたなかでアンフィトリテと差のない競馬ができたことを評価。

馬群を割れる馬なので内に潜り込んでもいいし前に行ってもおもしろい。

 

★タイセイプライド

行きっぷりの良いタイプなので距離短縮向き。ファルコンSでも2着とは差のない内容だし重賞でもチャンスはある。外目の枠を活かしてスムーズに先行したい。

 

△ラブカンプー

フィリーズレビューも超ハイペースを逃げて悪くない内容だったし、それ以前も骨っぽいところを相手に健闘している。枠もいいし行ききっちゃえばチャンスもありそう。

2番手集団がゴチャついてくれれば。

 

△アサクサゲンキ

テンは速い馬なんですが斤量1キロ重いのでスムーズにポジション獲れるかどうか。コース傾向から先行争いは激しくなると思うし、現在1番人気ということを考えるとハイペースに巻き込まれるのは避けたいはず。ゴチャついた2番手集団に入っちゃったら嫌だなぁと。

1400までなら高いレベルで安定している馬ですが、リスクも大きいかなと思う。

 

△ミッキーワイルド

前走手応えのわりに前の馬を交わすのに手こずっていて、エンジンのかかりが悪そうではある。それゆえにハイペースの消耗戦になればじわじわと伸びてくる可能性もある。3連系のヒモで押さえておきたい。

 

クラツキウマ No.5810

クラツキウマ No.5810