2018日本ダービーの予想です。本命ブラストワンピース

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

 

葵S「内でゴチャつきそう」という予想は当たったんですが1着ゴールドクイーンが拾えず…

「行ききっちゃえば」という理由からラブカンプーを買っていただけに、逃げた馬をフォローできなかったのは痛恨(´・ω・`)

 

2018日本ダービー

最後の直線も長く、能力が直結しやすいコース形態。

 

・Cコース変更により内有利

→過去10年で1枠が7連対3着1回、2枠も2連対3着3回と内枠が非常に有利なコースになっている。

 

・直線でばらけやすい

今後G1でも大活躍するような馬と、条件戦でも勝ちきれないような馬が一緒に走るので比較的直線でばらけやすい。

 

◎ブラストワンピース

まず2走前のゆりかもめ賞が圧巻の内容で、内で包まれながらも器用に加速して0.7秒差をつける勝利。

続く毎日杯も600Mの距離短縮を物ともせず、先行から抜け出しての完勝。ハービンジャー産駒は道中の基礎スピードに難がある馬が多く、大幅な距離短縮は苦手な傾向にある(ペルシアンナイト@富士Sモズカッチャン@ローズSトーセンバジル@新潟記念など)なかで、この勝ちっぷりは見事だった。

管理する大竹正博調教師がG1未勝利なので「初G1がダービーは難しいんじゃないか」とも思うんですが、父はダービー2勝を上げ、当時の最年少ダービー騎手でもあった大崎昭一さんということもあり、ダービーには浅からぬ縁のある調教師だと思う。

池添騎手が強気に乗りすぎるのはちょっと不安で、前走も内ラチにぶつかるような際どい競馬だったしフローラSでのサラキアみたいな騎乗になると怖いかな。

 

○ワグネリアン

内有利なレースのなかで最悪な枠に入ってしまったわけですが、逆に腹を括って先行してくれるんじゃないかな。という願望。

スタート自体は悪くない馬だし1個内にジェネラーレウーノがいるのも先行するぶんにはやりやすい。かなり臆病な馬らしく後方に下げて内に潜り込むのも難しく、勝ちに行くには前目外目のポジション獲るしかないと思う。

皐月賞で1番人気に推される素質馬だし能力発揮できればチャンスはある。

 

▲ダノンプレミアム

朝日杯の勝ちっぷりも見事だったし能力は最上位の1頭。初の2000M戦となった弥生賞も終始余裕のあるレースぶりで完勝だったし2400も十分守備範囲。

臨戦過程はやっぱり気になるところで、非社台のぶっつけ本番となるとちょっと不安かな。

 

 

★ステルヴィオ

2歳時はダノンプレミアムに匹敵する内容(朝日杯はしっかり進路確保していれば肉薄していたはず)だし、スプリングSも勝ちパターンに入ったエポカドーロを相手に勝ちきる強いレースぶりでした。皐月賞は馬場が合わなかったのが大きかったし東京に変わって改めて期待。

長くいい脚を使うタイプなので内を突けないのが減点材料。縦長の展開でロスなく進出できればチャンスあり。

 

△ゴーフォザサミット

不器用なところがあってコテコテのハーツ産駒という感じ。それゆえにコース適性は高く内枠がハマればチャンスは出てくる。

 

△ジャンダルム

器用な馬なので内に潜りも込めればチャンスはありそう。

NHKマイルなら上位の馬だったと思うし、スルーして参戦していることを考えると陣営は「2400もこなせる」と考えてるはず(願望)凱旋門賞の一次登録も済ませている馬なので「距離が不安」ということで評価を落としているなら一応引っ掛けておきたい。

 

△ステイフーリッシュ

休み明けの京都新聞杯が「そこそこレベルの高い一戦」と思っているので上積みがあればチャンスもある。

 

「無印」キタノコマンドール

コーナーでの鋭い加速が目を引く馬なので、東京に変わるのは微妙かなと思う。内を突いた経験がないのも不安。

 

「無印」エポカドーロ

時計のかかる馬場向きの馬なので高速馬場適性が不安。権利のなかったスプリングSである程度仕上げていたはずだし皐月賞からの上積みは考えにくい。

 

まとめ

◎ブラストワンピース

○ワグネリアン

▲ダノンプレミアム

★ステルヴィオ

△ゴーフォザサミット

△ジャンダルム

△ステイフーリッシュ

 

 

ヌイグルミ S ディープインパクト 第51回有馬記念

ヌイグルミ S ディープインパクト 第51回有馬記念