2018アハルテケステークスの予想です。本命ワンミリオンス

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

 

コース傾向

芝スタートのコース。外の方が芝が長いので基本的には外枠有利。さらに

 

f:id:mugi_1023:20180609041954j:plain

外枠の方が傾斜が高いので、幾分か広い視野を持ってポジションが獲れる

 

脚質的には前後ろさほど差はなく「ダートコースなので前有利」だけど「東京の長い直線もあって差しも届く」という感じ。

昨年の武蔵野Sのように人気薄の先行馬が穴を開けるケースがあり、前に行けそうな馬はフォローしておきたい。

 

◎ワンミリオンス

昨年1年は中距離の地方交流重賞で活躍していた馬ですが、前走は久しぶりの1400戦。そのため行き脚つかず追って追っての競馬。序盤で脚を使ったこともあって6着と人気を裏切るレースになってしまいました。

距離延長の今回はポジション獲るのも楽になるはずだし8枠に入れたのもプラスです。元々は1400で活躍していたこともあってマイル戦も問題なし。ここはチャンスも大きいと思う。

 

○ゴールデンバローズ

このコース5勝と好相性。前走は勝負どころでサンライズノヴァに蓋をされて苦しい競馬になりました。そんななかで差は僅かなものだったし外枠活かして一列前のポジション獲れればおもしろそう。

 

▲サンライズノヴァ

過去2走は内枠からの競馬でスムーズさを欠く内容でした。この枠なら幾分かマシにはなるはず。

能力は1つ抜けている存在ですが、不器用なレースぶりや年明け5戦と使い詰めなところを考慮して少し評価を下げました。

 

△ストライクイーグル

前走は前が崩れるレース展開であまり評価していないんですが、ずっと中距離で使われていたことを考慮すれば悪くない内容ではあったかなと。マイルに慣れて幾分か前のポジションを獲れる可能性もあり、馬連の押さえで。

 

△オールマンリバー

東京ダート1600は【2-1-3-1/7】と非常に得意としている馬。前走同コース初めて大敗(11着)してしまい物足りない内容ではあったが、段階的に距離を伸ばして行って急に短縮のレースをさせたのも響いたかなぁと。マイル連戦で一変があってもおかしくないでしょう。

 

注ブラゾンドゥリス

外枠だったら本命候補の馬だったんですが3枠は微妙なところ。砂を被るのが苦手な馬なのでスムーズに先行できればいいんですが。芝スタートや重めのハンデを考えると苦しい競馬になりそう。砂を被ってもそれなりに走ってくれるときもあるので3連系の押さえには入れておきたい。

 

注コパノチャーリー

こちらも砂を被るのは苦手な馬。2走前のオアシスSでそれなりに結果を出しているので、行ききっちゃって展開向けば3着くらいはありそう。

 

まとめ

◎ワンミリオンス

○ゴールデンバローズ

▲サンライズノヴァ

△ストライクイーグル

△オールマンリバー

注ブラゾンドゥリス

注コパノチャーリー