2018マーメイドステークスの回顧・反省会です。

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

 

予想結果

1着アンドリエッテ…無

2着ワンブレスアウェイ…△

3着ミエノサクシード…△

 

ロンスパ戦想定で内突ける馬をフォローしていたんですが、痛恨のアンドリエッテ抜け…

重視するポイントがちょっとだけズレちゃったかなぁという結果でした。

 

マーメイドS回顧

12.7-10.5-12.1-12.3-12.0-12.7-11.8-11.5-11.6-11.9(59.6-59.5)

コース形態からスロー気味のロンスパ戦になりやすいんですが、トーセンビクトリーが離して逃げたこともあって序盤やや早め。3角の6F目で大きくペースダウンしたことで内が渋滞を起こして横に広がってしまった。外の馬はここで脚を使ったのがキツかったですね。

 

1着アンドリエッテ

3角4角でロスなく競馬ができたのが大きかった。国分恭介騎手の好騎乗でした。

 

2着ワンブレスアウェイ

なぜか津村騎手だとまずまずスタート切れる。牝馬限定G3なら上位の馬だと思うので今後も津村騎手なら注意しておきたい。それでも出遅れ癖は気になるので,人気していたら買いにくい馬ですね。

 

3着ミエノサクシード

こちらもまずまずなスタートから先行策。展開の恩恵もなければ不利もないようなレース内容。阪神得意な馬なので能力出しきれればこれくらいは走れますね。

 

4着ヴァフラーム

ハービンジャーの距離短縮ということもあって序盤は後ろからの競馬。斤量差があったとはいえ、4角で外を回した不利があっての4着は好内容。距離はもっと長い方がよさそうですが、牝馬の長距離馬はなかなか適性に合うレースがなくて…

 

5着ミリッサ

ポジションよかったわりには伸びきれず。1800以上ではスローじゃないとスタミナ持たないのかも。

 

6着レイホーロマンス

3角4角で外回す必要が出てきちゃったのが痛かった。もう少し縦長の展開を想定していたのでちょっと噛み合いきれなかったなぁ。

 

7着キンショーユキヒメ

器用さに欠ける馬なので前が横に広がったのが厳しかった。スローのロンスパ戦だったり捲くる馬が出てきたりがないとハマりにくい。

 

11着エテルナミノル

ちょっと重め。中間の調教本数も少なかったし調子落ちだったのかも。ここまで負ける馬ではないと思うので次走も注意しておきたい。

 

15着トーセンビクトリー

序盤脚を使ったのも影響あったと思うし、3角のペースダウンで後ろの馬が楽になったのも響いたとは思う。そういうことを考慮したうえでも負けすぎかなぁ。中山内枠田辺という絶好条件が続いていたなかで結果を残せなかったわけだし、年齢的にも下り坂なのかもしれない。人気薄の内枠なら。