2018函館スプリントステークスの予想です。本命ワンスインナムーン

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

昨年の函館開催は「かなりの高速馬場」スタートで500万下の1200Mで1:08.4が出るような馬場でしたが、今年は同条件の土曜8Rで1:08.7さらに昨年1:07.6だったHTB杯も今年は1:07.9と若干落ち着いています。それでも洋芝のわりには速いタイムが出ているわけで、高速馬場と言っていいでしょう。

 

函館SSレース傾向など

・基本的には内目前目が有利なコース形態だが…

短い直線と最後の下り坂が影響して基本的には「内目前目が有利」なコース。

なんですが、前目の意識が強くなって仕掛けどころが速くなり、後方からの馬が届きやすいレースでもある。

今年はセイウンコウセイ、ダイアナヘイロー、ワンスインナムーンと前に速い馬が揃っているだけに後ろからの馬に注目したいところですが、「前に厳しい流れ」という予想が多くなるなら逆に前目の馬を中心に買ってもいいかもしれない。

 

・距離短縮がハマりやすい

仕掛けどころが速くなって消耗戦になり、距離短縮の馬が最後にひと踏ん張りできるという感じ。

 

・3歳馬が強い

斤量の軽い3歳馬が強いレースですが葵Sの重賞昇格もあって今年は出走馬なし。新しい重賞が出来ると傾向変わるレースもありますが今回は特に影響なさそう。

 

◎ワンスインナムーン

前走京都牝馬Sは外伸び馬場のなかで内を走って5着と悪くない内容だし、昨年はスプリンターズSでも3着と実績は十分。上位人気のなかで唯一の距離短縮馬ということで傾向とも合致する。

土曜メインでは弟のディバインコードが人気を裏切るレースになりましたが、こちらも同じく岡田牧雄さん絡みの馬なので、それを基に戦術を組み立てられるのもプラス。

枠順もよくて1枠の2頭の位置取りを見ながらポジションが獲れる。

混戦のメンバー構成ですが比較的チャンスは大きく、初の重賞制覇を期待したい。

 

〇ダイアナヘイロー

開幕週の綺麗な馬場、高速馬場の適性高い。昨年のレースぶりを見ると夏場も得意そう。同型馬の兼ね合いは気になるところですが、揉まれ弱いセイウンコウセイを行かせて2番手でペースを作れそうではある。

ハマればモズアスコット、レッドファルクスという強敵を相手に金星を上げられる馬ですし、このメンバー相手なら。

 

▲ラインスピリット

前走京王杯SCは結果的に差し追い込み馬で決着したなかで2番手から5着と評価できる内容です。その前の2走も落馬しそうなほどスタート悪かった高松宮記念と直線で少し進路が狭くなったオーシャンSなので力負けではないはず。

展開の予想が難しいレースなので内の2頭を見ながらポジション獲れる枠順も魅力。距離短縮が強いレース傾向もあり、ここでもチャンスはある。

 

★セイウンコウセイ

こちらも距離短縮の一頭。本来馬場が渋っている方がよさそうなんですが、昨年の同レースも悪くない内容ではあったので高速馬場も問題なさそうではある(昨年より斤量重いのは気になるところですが)

行ききって2番手以降が牽制しあってくれればなぁという感じで。

 

△ナックビーナス

前走もG1を舞台に3着と健闘しているわけで能力的には最上位の一頭。高速馬場への適性となると未知なところもあり、ちょっと買いにくい。近年1番人気が不振傾向にあるのも若干不安。

 

△タマモブリリアン

条件戦を含むものではありますが、昨年北海道開催では【1-1-2-0】と好成績。このメンバー相手ではワンパンチ足りないところはありますが、距離短縮がハマれば。

 

△アドマイヤゴッド

こちらも距離短縮を評価。函館1200得意な岩田騎手にも期待。

 

まとめ

◎ワンスインナムーン

〇ダイアナヘイロー

▲ラインスピリット

★セイウンコウセイ

△ナックビーナス

△タマモブリリアン

△アドマイヤゴッド