2018函館スプリントステークスの回顧・反省会です。

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

 

回顧が遅れてしまい申し訳ないです(´・ω・`)

実はnetkeibaさん主催の藤岡佑介騎手のイベントに行ってまして、ちょっとバタバタしてしまいました。

 

  

レポNGのため詳細は控えますが、近々netkeibaさんのコラム内で記事が公開されるようなのでお楽しみにしていただけたらと思います。

騎手視点でのお話は馬券の参考にもなるので、今後の予想に活かせていきたいです。

 

さて函館SSの回顧・反省会です。

 

函館SS予想結果

1着セイウンコウセイ…★

2着ヒルノデイバロー…無

3着ナックビーナス…△

 

「距離短縮重視」と言っておいて痛恨のヒルノデイバロー抜け(´・ω・`)

印を回していた4着アドマイヤゴッド(13人気)5着タマモブリリアン(11人気)6着ラインスピリット(9人気)も健闘しているので、予想の方針は悪くなかったと思うんですが、なかなか結果がついてこない…(´・ω・`)

逃げ先行馬が残るレースだったので内で詰まった馬多数でしたね。◎ワンス○ダイアナと先行馬重視で予想していたわけで、もう少し気が回れば外の馬も意識できたはず。(的中させるにはここまで突っ込めるかが大事ですね)

 

函館SS回顧

勝ちタイム1:07.6

11.8-10.4-10.9-11.3-11.3-11.9(33.1-34.5)

上り坂が続くコースなので序盤かなり速い。前には厳しめな流れではあったんですが、それ以上に「スムーズさ」が明暗を分けるレースでした。内で詰まっていた馬は次走以降注意しておきたい。

 

1着セイウンコウセイ

煮え切らない競馬が続いていたなかで、最内枠と思い切りのよい競馬ができる池添騎手ってのがハマったと思う。三浦皇成騎手がナックビーナスへの先約があったことや1番枠引けたということで「運」のある馬だったかなぁとも思う。

競馬予想はロジック(NHKマイル馬ではなく)が大事で「運」の要素はできるだけ省くべきだとは思うんですが、外枠に入ったワグネリアンのダービー然り、運良く出走にこぎつけたモズアスコットの安田記念然り、武騎手の騎乗停止からピンチヒッターでG1奪取した藤岡佑介騎手のマイルカップであったりと運のある「馬」「人」の活躍が目立つ。馬券に活かせるかは別ですが、勝負事なので「運」や「流れ」ってのも重要なんだろうなぁと。

セイウンコウセイの話に戻ります。高速馬場適性にちょっと疑問のある馬だったので、この勝ちタイムで結果を残せたのは大きい。ハイペース気味の方がよさそうで池添騎手とも合っている。距離短縮がハマりやすいレースなので次走人気していたら若干割引必要かも。

 

2着ヒルノデイバロー

こちらも短縮馬。4角で脚をなくしていたライトフェアリーのところを突いて、スムーズな競馬ができました。なかなか内に入れないライトフェアリーを見ながらの位置だったので、四位騎手もここを突くイメージを持ちながら競馬ができたはず。

短縮なので気になっていた馬ではあったんですが、休み明けがなぁ(休み明けのワンス、ダイアナを上位評価しておいてなんですが)

昔の競馬は「休み明けは消し」が定説で、最近は「社台の外厩施設を利用しているなら休み明けでも問題なし」という声が多くなっている。

そんななかで「非社台の休み明け」はオッズもつきやすいわけで「積極的に買える」わけではないけど「プラマイゼロ」程度に考えておいた方がいいかも。

馬の話に戻すと、馬場状況も問わないし延長得意短縮得意という傾向もなし。好走パターンの把握が非常に難しい馬です。サングレーザー、ソルヴェイグなんかとも僅差の競馬をしているし、今回もナックビーナスを撃破できたのは大きい。シンプルに「人気なら消し、人気薄なら買い」と考えていればいいかも。

 

3着ナックビーナス

小回りコースでゴチャつくのを想定してか3角前に進路を確保。皇成騎手の好騎乗でしたが、その分ワンパンチ足りないレースになっちゃったかなぁという感じ。セイウンもヒルノもハマった感が強いのでまぁ仕方ないです。

自在性の高い脚質もありペースを問わない、さらに馬場適性も広く欠点が非常に少ない馬で、馬券の軸としては信頼度高い馬ですね。

今回は人気より着順を落とす結果になってしまったが、しばらく皇成騎手での騎乗を見たい。

 

4着アドマイヤゴッド

ほんのちょっとだけ詰まったシーンはあったんですが、内々からの競馬で見事に捌ききりました。岩田騎手乗れてるなぁというのが率直な感想。

短縮ハマった感はあるんですが岩田騎手とは合ってると思うし、人気ないならしばらく追いかけたい。

 

6着ラインスピリット

直線でヒルノが被せてきて詰まってしまった。まずまずな内容。高速馬場ならこれからもチャンスはありそう。あまり人気しないタイプなのでしばらく追いかけたい。

 

8着ワンスインナムーン

この馬にしては序盤速かった。もう少しペースが落ちないとダメなのかも。

 

9着ダイアナヘイロー

横を向いているときにスタートを切られてしまい痛恨の出遅れ。詰まってしまい着順こそ悪いですが最後いい脚を使っていたので差し競馬もできそうではある。

 

14着ジューヌエコール

かなり詰まってしまい1番不利が大きかった。昨年勝ったレースでメイチだったのかもしれないですが意外と頑張ったなぁと思う。北海道開催のうちは注意しておいた方がいいかも。

 

ユニコーンSの回顧は火曜のうちに公開します。

週中は宝塚記念の傾向や有力馬の短評記事を公開予定なので、お付き合いいただけたらと思います。