2018宝塚記念出走馬短評その1

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

 

2018宝塚記念の出走馬短評です。

まず1回目は上位人気が予想される7頭から。

 

サトノダイヤモンド

海外遠征後不振気味ですが、調教見る限りでは首の動きもよくて「だいぶ復調傾向にある」ように見える。長くいい脚を使うタイプでコース傾向とも合う。

スムーズに「前目」「やや外目」のポジション獲れればチャンスは大きそう。同型のサトノノブレス、サトノクロニクルを使ってないのもそういう競馬をイメージしてのことだと思う。

現時点では本命候補の一頭。

 

ヴィブロス

正直特性の把握が難しい馬。秋華賞を見るとスローのロンスパ戦が得意そうですが、ドバイターフを見ると長い直線でしっかりエンジンかけるレースがよさそうでもある。

器用なところがあるので内々で我慢して外出せる競馬ならチャンスはありそう。昨年シュヴァルグランで逃げたことから丸一年佐々木オーナーの馬に乗れなかった福永騎手。内で詰まるのは絶対に避けたいはずなので、無難に外を回す競馬になると難しそうではある。

 

キセキ

「かかり癖」がかなり厄介。菊花賞みたいに馬場が悪くなれば折り合いつく可能性もある。暴走しない程度にまくるのも難しいので、内々で我慢してどこかでハマればという感じ。

良馬場でミルコが乗っていないなら「消し」にできる馬ですが、やっぱりミルコは怖い。パフォーマプロミス、ダンビュライト、サトノクラウン、ストロングタイタンと選択肢があるなかで、この馬を選んでいるというのも気になるところ。

 

パフォーマプロミス

ステイヤー色が強めでスロー向きっぽいようには見えるんですが、今年から急激に成長した馬なので未知な部分も多い。スタートも安定しているし立ち回りも上手い。内枠入って噛み合えばチャンスはあるかも。

予想オッズではけっこう人気しているので、あんまり買いたくないなぁとも思う。

 

ダンビュライト

勝ちきれない競馬が続いていたなかで、昨年末から連勝できたことは成長の表れ。上がり勝負になった大阪杯は参考外でいい内容だし、操縦性の高い馬なのでレースメイクが上手くいけばチャンスは大きい。

サイモンラムセスの小牧騎手が「一発を狙って思い切って行く」と語っているのでハイペースの2番手を獲れたら面白そう。スローのロンスパ戦も適性高いが、そういう競馬になるとサトノダイヤモンドの方が上だと思うし噛み合い切れなさそうではある。

適性的には上位に評価したい一頭ですが香港挟んだのがちょっと不安。

 

サトノクラウン

極悪馬場の天皇賞秋のダメージがあるのかそれ以降不振傾向にある。馬場次第ではキタサンブラックにも肉薄できるような馬なので、一雨欲しいところ

ミルコが乗ってないときは後ろからのレースが多いのが不安。16年の香港ヴァーズを見ると内突けるタイプではあるんですが、石橋脩騎手はそういう騎乗をするジョッキーではないのでちょっと微妙。石橋騎手の騎乗スタイルから「前目」「やや外目」を選択する可能性も考えられないこともないですが、行きたがるところがある馬なのでテン乗りで前を獲るのは勇気のいる選択になると思う。

 

ワーザー

レースぶりを見ると「長くいい脚を使う」「競り合いに強い」という特性に見える。内目前目が獲れれば面白そうですが13番枠はちょっと外すぎるなぁ。

香港の馬なので馬場は渋って欲しい。