2018帝王賞の予想です。本命ゴールドドリーム

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

2018帝王賞の予想です!

 

◎ゴールドドリーム

昨年のチャンピオンズカップは前残りの展開のなかでテイエムジンソク、ケイティブレイブを差しきるインパクトの大きいレースぶりだった。フェブラリーSも早めの仕掛けからの2着と評価できるレースぶり。1800以下なら1つ抜けて強い馬だと思う。

2000MではドバイWCを含めて【0-0-1-2/3】という成績で距離の壁を感じる戦績ではあるんですが、昨年の帝王賞は海外遠征帰りでのレースだし、2年前のJDDは早めの競馬で脚をなくしたようにも見える。馬自身当時より成長していると思うし今のデキなら距離を克服しても不思議はない。

400Mの距離延長で行きっぷりがよくなりすぎないかが若干不安ではあるけど、そういうレースになっても十分チャンスはあるんじゃないかと思う。

 

○アウォーディー

よかったときと比べると非常に物足りない成績が続いている。とはいえ川崎記念は前残りの展開での3着と悪くない内容ではあったし、昨年のチャンピオンズカップも外々を回っての5着は評価できる結果ではあった。注文の多い馬で決め手に欠けるところはあるけど、高めのレベルで安定しているとは思う。

どの馬もマイナス材料が多いので、馬券的な旨味も考慮して対抗評価にしました。

武豊騎手は過去5年連続で馬券に絡んでいる相性のいいレース。鞍上の手腕でどこまで着順を上げられるか。

 

▲サウンドトゥルー

こちらも、よかったころの安定感からは程遠い競馬が続いている。とはいえチャンピオンズカップは馬群がばらけないで難しい競馬になっただけだし、川崎記念はスローの4F戦で外にいたメイショウスミトモのさらに外からの競馬になったのが厳しかった。前走フェブラリーSは芝スタート苦手にしても負けすぎではあるんですが、超ハイペースのマイル戦では追走も厳しかったと思います。

不器用な馬なので馬群がばらけやすい地方交流重賞になるのはプラス材料。一発あってもおかしくないと思う。

 

★オールブラッシュ

2500Mの名古屋グランプリでも先手獲れなかったなかで、マイル戦のかしわ記念で逃げることができたのは正直驚いた。過去には川崎記念で逃げ切った実績もあり、ここでも注意しておきたい。もうちょっと内枠が欲しかったなぁというのはある。

 

買い目

正直かなり難しいレース。ゴールド軸の馬連ワイドで点数絞って買おうかと。

以下、他の馬について

 

・ケイティブレイブ

実績では最上位の一頭。昨年末の東京大賞典では2番手で砂を被ってしまい「かなり嫌そう」にしていたなかでの3着。真面目に頑張ってくれるタイプで、よっぽど展開に恵まれない限り安定して走ってくれる。

400M以上の短縮になると【0-0-0-3/3】2戦は守備範囲外のフェブラリーSではあるが、17年川崎記念での2番人気5着は気になるところ。行きっぷりはよかったので、さほど気にする必要はないと思うが…昨年大きく出遅れているレースということもあり、少し不安ではある。

3ヵ月以上の休養はデビュー以来初めて。約3ヵ月の休み明けになった17年日本テレビ盃では1番人気3着と敗れている。

複勝圏内に入れる確率は比較的高いとは思う。おそらく複勝オッズでは1番人気になると思われますが、そこまで信頼できるかというと疑問も残る。

 

・テイエムジンソク

能力的には通用してもおかしくない。初のナイター競馬、初の大井競馬がどう出るか。近走芝スタートや初のマイル戦。馬群に包まれての競馬と、この馬にとっては特殊なレースを続けているわけで、メンタル面でどうかなぁというのもちょっと気になる。厩務員さんのコメントでは「初めての場所は気にする馬」ということで、やはりメンタル面には課題が残る。

 

・アポロケンタッキー

2年前の東京大賞典勝ち馬。昨年の日本テレビ盃ではケイティブレイブを相手に外から競り勝つ内容でインパクトの強いものだった。そんななかでJBCクラシックでの大敗が謎。近走成績が安定しているが展開が向いているところも大きい。序盤あまり動かないタイプなので400Mの距離短縮も不安はある。

 

・リッカルド

2年前のエルムS勝ち馬ではあるが最近は中央OPでも苦戦している。地方への移籍後4連勝と波に乗っているが、成長した復調したというよりはレベルの低いメンバー構成で順番が回ってきたと捉えるのが適切かと。大井2000での持ちタイム2:06.2も物足りないところで過去10年の帝王賞で1番遅いタイムですら2:04.7を出している。ここではさすがに厳しそうではある。

 

・ヒガシウィルウィン

昨年のジャパンダートダービーではサンライズソアを相手に勝ちきっている。当時のレースぶりを見ると中央馬相手でもやれそうなところはあったんですが、その後のレースは物足りない。叩き2戦目の前走大井記念にしてもリッカルド相手に0.9秒差はさすがに負けすぎだと思う。