2018CBC賞の予想です。本命ワンスインナムーン

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

傾向などはこちら

2018CBC賞の傾向・ラップデータです。 - むぎぶろぐ

2年前から高速馬場傾向にあるレースで、その年からはとにかく内目前目の活躍が目立つ。今年もかなり速い馬場だったので、そういうイメージで予想したい。

 

◎ワンスインナムーン

前走のレースぶりは非常に物足りない内容ではあったんですが、中一週で出走できるなら状態自体は悪くないのかなと。「行ききって欲しかった」というコメントもあるので思い切った競馬をしてくれればチャンスはありそう。前走と比べて相手関係もだいぶ楽だと思うし人気落ちするなら本命に推す価値もある。

 

○アクティブミノル

近走テンで動きが鈍いんですが、4走前の淀短距離Sではいいスタートを出来ていたので衰えとかそういうものではないと思う。福永騎手はスタート上手いのでスムーズにポジション獲れればチャンスは大きいはす。中京得意なジョッキーなのでそういうところも期待したい。ブリンカーを外したのが悪い方に出なければ。

 

▲ダイメイプリンセス

こちらも内目前目を獲れそうなところから。距離延長で行き脚つけばスムーズにポジション獲れるはず。

 

★ペイシャフェリシタ

4走前の浜松Sはなかなか強烈なレースぶりで、ラスト1Fでの伸びを見るとまだまだ余力のありそうな内容だった。その後はナックビーナスと僅差の競馬をしているし阪急杯でも5着と好成績。わりと自在性のある脚質なので外枠からふわっと出た場合に幾分かポジション下げる危険性もありそう。そうなった場合に差しきれるか不安もある。

 

△セカンドテーブル

調教の本数も少ないので状態面には不安も残る。なんですが、レース傾向を考えると前目を獲れる実力馬はフォローしておきたい。

 

△ダイメイフジ

3走前のオーシャンSは外を回した馬には不利な状況での3着で、内容自体は1番よかったと思う。メンバー構成的にも当時と似たようなレベルなので同じようなイメージで2着3着ならという感じ。

 

△アサクサゲンキ

枠が枠なので無理してでも前を獲る可能性もありそう。そうなれば馬券圏内まで残れる可能性も少なくないはず。前走後ろからの競馬で速い上がりを出しているだけに先行するかどうかが不安。

 

他の馬について

・トウショウピスト

内目前目獲れそうな馬ではあるんですが、距離短縮で前目を獲れるかどうか。比較的斤量と成績がリンクするタイプで56キロにも不安がある。

 

まとめ

◎ワンスインナムーン

○アクティブミノル

▲ダイメイプリンセス

★ペイシャフェリシタ

△セカンドテーブル

△ダイメイフジ

△アサクサゲンキ