2018プロキオンステークスの傾向と土曜開催の注目馬

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

プロキオンSの傾向、ラップデータについてです。週中に公開したかったんですが非常に遅れてしまい、申し訳ないです。。。

土曜は重賞どころかOP特別もないので、記事の後半に土曜開催の注目馬を3頭挙げておきます。お付き合いしていただけたらと思います。

 

コース形態

芝スタートのダート戦。3角までが長いので内外での枠順の差は少なめ。スタート直後に芝と長い直線があるわけで序盤速くなりがち。

ラスト1000から400にかけての長い下り坂を経て約400Mの直線に入る。入ってすぐに上り坂があるので速い上がりを出すのは難しいコースではある。

 

2017年プロキオンS

1着キングズガード(5人気)

2着カフジテイク(1人気)

3着ブライトライン(6人気)

12.2-10.9-11.1-11.8-12.1-12.4-12.4(34.2-36.9)

 

コース傾向通り序盤かなり速め。内目前目で粘るゴーインググレート(12人気)と外々から早めの競馬で進出するブライトライン。内々から器用に外に出したキングズガードが突き抜けて1着。1番人気カフジテイクは後方から伸びてくるが捕えきれずに2着。

 

2016年プロキオンS

1着ノボバカラ(1人気)

2着ニシケンモノノフ(3人気)

3着キングズガード(2人気)

12.2-10.7-11.2-11.3-11.8-12.0-12.9(34.1-36.7)

 

14番枠をものともせずノボバカラが2番手から抜け出して勝利。2着ニシケンモノノフは中団外目から。3着キングズガードは内目後方からの競馬で差してくる。

道中先行集団にいた馬が4着5着6着。ラップ的にはハイペースですが、なかなか前も止まらないという印象を受ける。

 

2015年プロキオンS

1着ベストウォーリア(4人気)

2着コーリンベリー(2人気)

3着キョウワダッフィー(8人気)

12.0-11.1-11.5-12.0-12.3-11.4-12.2(34.6-35.9)

 

逃げるコーリンベリーを内目前目の競馬となったベストウォーリアが差しきって勝利。3着には好位内目から最内を突いて伸びてきたキョウワダッフィーが入る。先行したタガノトネール、レッドアルヴィスも4着6着と粘っており、やはりペースのわりに前の馬も止まらない。

 

2014年プロキオンS

1着ベストウォーリア(1人気)

2着キョウワダッフィー(2人気)

3着ガンジス(10人気)

12.2-11.0-11.5-11.8-12.0-11.8-12.3(34.7-36.1)

 

後方外目からの競馬になったベストウォーリアが人気に応えて勝利。2着キョウワダッフィーは内々から綺麗に外に進出し2着。3着ガンジスは前目内目からしぶとく粘り込んだ。

ハナにたったコーリンベリーは出遅れもあってロスの大きい内容だった。

 

2013年プロキオンS

1着アドマイヤロイヤル(2人気)

2着セイクリムズン(5人気)

3着ダノンカモン(1人気)

12.1-11.0-11.0-11.5-12.0-11.8-12.5(34.1-36.3)

 

道中内から外に進出して伸びてきたアドマイヤロイヤルが勝利。セイクリムズンは岩田騎手得意の内強襲がハマって2着。1番人気ダノンカモンが外から伸びて3着に入る。4着6着7着には先行集団にいたエアウルフ、ガンジス、アドマイヤサガスが粘っている。

 

過去5年の勝負ポジション

基本的には「ある程度前」と「人気の差し馬」が中心になる。内差しもパターンの1つではあるが、今回は実力のある先行馬が揃っているので、内から差すのは難しそうではある。

 

現時点での注目馬

・ダノングッド

短距離での差し競馬が板についてきた。前走にしても前残りの展開を0.6秒差の5着は悪くない内容。ペースが上がる可能性の高いレースなので、後ろ過ぎないポジションを獲れればチャンスはありそう。

 

続いて土曜開催の注目馬

 

中京8R

⑪ディメンシオン

降級馬。2走前は直線入口で進路をなくしてしまい参考外の内容。前走はペースが遅くて前を捕えきれないレースではあったが、1着馬とはほとんど差のないハナ差。中京1600は福永騎手藤原調教師ともに得意としている舞台なので、しっかり勝ちきって欲しい。

馬体重が減り続けているので、そこだけがちょっと心配。

 

中京11R豊明S

⑫ヴェネト

2走前は直線入口から思いっきり詰まってしまいどうしようもないレースになってしまった。前走は残り400Mまで悪くない手応えだったんですが、なぜか200Mからミルコが追ってくれず。着差ほどは負けていないと思う。

降級馬やこのクラスでの実績馬も多いので難しい競馬にはなりそうですが、一発のチャンスは十分あるはず。

 

福島10R松島特別

⑦アウトライアーズ

2クラス降級馬。重賞でも悪くない結果を残しているしここでは上位。高速馬場は苦手そうな感じがあり、一雨来ての福島開催は合ってるんじゃないかと思う。レイエスプランドルを相手に少ない点数で仕留めたい。