2018七夕賞の予想です。本命プラチナムバレット

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

土曜開催は前回記事で注目馬に挙げた3頭ディメンシオン(1人気1着)ヴェネト(7人気3着)アウトライアーズ(2人気1着)が頑張ってくれてよかったです(^^)

 

2018七夕賞

かなり荒れる傾向のあるレースですが、今年は12頭立てと比較的少頭数での開催になります。

多頭数で「外を回す馬に不利」「内差しがハマる」ことで穴を開ける傾向にあるレース。12頭立てならさほど荒れないんじゃないかなぁと予想します。

 

勝負ポジション

頭数も落ち着いているので「内目前目」を重視したい。外からでも届くとは思うんですが、人気の一角であるサーブルオールが外目から捲くり気味に押し上げるはずなので、さらに外となると厳しいかもしれない。マイネル軍団の得意パターンでもあるスローロンスパ戦になると尚更外の馬には厳しくなりそう。

 

◎プラチナムバレット

前目を獲ってくれそうな馬で1番信頼できる馬を本命にしました。脚質の幅が広い馬なので前目獲ってくれるか微妙ではあるんですが「長くいい脚を使うタイプ」で短い直線の福島コースということを考えると、ある程度前に行く可能性は高いはず。マイネルフロストの横のスペースを意識しながら競馬が出来ればチャンスは大きいと思う。

前走は大敗してしまったんですが、レース中にハ行を発症してしまったようで参考外の内容。週刊ギャロップでの岡田牧雄さんのコラムによると、かなり状態もいいようなのでG2馬としての意地を見せて欲しい。

 

○サーブルオール

1年の休養から高いレベルで安定している。2走前の美浦Sはややスローのロンスパ戦で2着レッドローゼスとは僅かな差でしたが、3着ドレッドノータスには0.7秒も差をつけるレースぶりでした。最序盤のポジショニングがいまいちなので道中ポジションを上げる必要があり、向こう正面で捲れる4コーナーコースは合っていると思う。戸崎騎手がテン乗りなので早めのイメージで競馬ができるかがカギになりそう。3角までにある程度前にいて欲しい。

 

▲キンショーユキヒメ

不器用な馬なので2番枠は割引必要。ロンスパ戦が得意なタイプで、サーブルオールなりマイネルの先行馬なりが早めに仕掛けてくれればハマりそうではある。勝負どころで動けるスペースがあるかどうかがカギ。

プラチナムバレットと同様にある程度前で進路確保しながらの競馬ができればチャンスは出てくる思う。スタートがいまいちなので少し評価を下げました。

 

★マイネルフロスト

昨年2着馬。自分からレースメイクできるのが強み。前走は長期休養明けのうえに苦手な重馬場開催ではあったが悪くない内容だった。

土曜開催を見ると少し時計がかかっている感じなので、そこがちょっと微妙。

 

△マイネルサージュ

前走は強敵マイスタイルを相手に見事な勝利ではあったが、58.1-62.7という超ハイペースの恩恵も大きかった。元々長い距離を中心に使われていたことを見ても、レース終盤に速いラップを問われる展開では厳しそう。2000Mならある程度ポジションを上げて、速いラップにならないようにしたい。

 

△レイホーロマンス

近年軽量馬の活躍が目立つレースなので注意しておきたい。前走マーメイドSはかなり内有利なレースだったので外を回したことを考えれば悪くない内容だった。外に出したい馬が多いので大外ブン回しになるとかなりロスが大きくなりそう。3角で我慢しながら直線に向きたい。内田騎手的には2年前のオリオンザジャパンのイメージで2着3着に引っかかりそうな感じはある。

 

△マイネルミラノ

テンのスピードがかなり遅くなっていて最近では逃げるのも一苦労な感じはあるし、年齢的にも上積みは少ないと思う。なんですが、逃げ馬に乗った田辺騎手はやはり厄介だし、マイネル軍団の相棒フロストが仕掛けを遅らせれば残る可能性も低くはない。

 

まとめ

◎プラチナムバレット

○サーブルオール

▲キンショーユキヒメ

★マイネルフロスト

△マイネルサージュ

△レイホーロマンス

△マイネルミラノ