2018七夕賞の回顧・反省会です。

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

いやぁ…荒れたなぁ(´・ω・`)

さすがにこの頭数なら紛れも少ないと予想したんですが、裏目に出てしまいました…

 

七夕賞予想結果

1着メドウラーク…無

2着マイネルサージュ…△

3着パワーポケット…無

中止プラチナムバレット…◎

 

まずプラチナムバレットの落馬ですが、人馬ともに大事に至らなかったようでよかったです。3角4角でのロスも少なかったので、チャンスはあったと思うんですが…無事に復帰して、人馬ともに元気な姿を見せて欲しいです。

ここまでハイペースになることを想定できなかったのが痛恨だった。マイネル軍団のチームプレーが大きかったと思う。昨年はシルクレーシングのチームプレーがあったレースなわけで、1歳馬の募集が始まる次期だとこういうことも想定できないとイカンですね。

しかしここまで露骨にチームプレーをするのはミラノ、フロストの出資者さんにとっては酷い話だと思うんだが…

 

七夕賞回顧

勝ちタイム2:00.8

12.4-10.8-11.2-12.0-11.8-11.9-12.1-12.6-12.9-13.1(58.2-62.6)

超ハイペースで非常に消耗の激しいレースだった。内の馬と後方待機できた馬に有利な展開。

 

1着メドウラーク

重馬場得意な馬とはいえ重賞で勝ちきれるとは思えなかった…超ハイペースを後方待機できたこともあって抜群にハマった感じ。

 

2着マイネルサージュ

後半に速いラップを問われないレースなら強いですね。2000Mでは展開ハマらないと厳しそうですが、長い距離なら重賞でもチャンスはありそう。北海道開催の長距離戦やステイヤーズSに出走するなら注意しておきたい。

 

3着パワーポケット

3年前のマデイラ同様に軽ハンデで内目前目で粘り込む。過去芝では2戦2敗の戦績なわけですが50キロまで軽くなるのは初めて。斤量軽くなっての一変というのはハンデ戦では常に注意しておかなければならないわけですが、ちょっと買えなかったなぁ。

 

4着サーブルオール

序盤はこの馬にとって非常にキツいペースだったと思うし展開向かなかったなかでよく頑張っていると思う。道中速く走れないので中距離戦ならスローが欲しい。ハービンジャー産駒なので距離を伸ばしてよさが出るように見える。

 

5着ワンブレスアウェイ

この馬が粘れたのは意外だった。内のバイアスが大きかったのかなぁ。

勝負どころでの加速力が武器の馬なので、これだけのハイペースとなると厳しいレースだったと思う。まずまずスタート安定してきたのは好材料だし、スローの小回り戦なら上位の馬。距離的には微妙だけどオールカマーなんか使っても面白いんじゃないかと。

 

6着レイホーロマンス

この馬にとってはオーバーペースだった。

 

7着キンショーユキヒメ

ポジション自体は悪くなかったしオペラハウスの系統なら馬場も問題ないはず。この馬にとってはオーバーペースだったのかも。もっと長い距離向きの可能性もある。