2018プロキオンステークスの回顧・反省会です。

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

予想結果

1着マテラスカイ…△

2着インカンテーション…△

3着ウインムート…○

6着ドリームキラリ…◎

 

前中心で差し馬もフォローという方針は合ってたんですが本命馬の選択を間違えてしまった(´・ω・`)

逃げなきゃダメなドリームキラリより番手で競馬できるウインムートを本命にするべきでした。

 

レース回顧

勝ちタイム1:20.3

11.9-10.7-10.9-11.2-11.6-11.2-12.8(33.5-35.6)

マテラスカイがJRAレコードを1.2秒も更新する破格のタイムで勝利。

ラップ的にはハイペースですが、これはコース形態の影響が大きいです。差し損ねた馬と、同型多数で逃げられなかった馬は次走以降注意しておきたい。

 

1着マテラスカイ

距離に不安があると道中控えたりしがちなんですが、しっかりハナにたって完勝。馬を信じた武豊騎手と期待に応えたマテラスカイ。どちらも見事なレースぶりでした。

 

2着インカンテーション

このメンバー相手の1400ではさすがに忙しく、後方からの競馬になる。なかなか前が止まらないレースでしっかり末脚を発揮しての2着。

年齢的には大ベテランですが、ようやく本格化してきたのかな?ってくらい強い競馬をしていると思う。1400から1800ならどんな展開でも対応できるし安定感は抜群。次走は距離延長で楽に追走できるはずなので注目しておきたい。

 

3着ウインムート

上位2頭が抜けて強かったなかで、3着に粘れたのはポジション向いたところも大きかったように思う。サクセスエナジー、ドリームキラリらとはさほど差はなく、展開や枠順次第で前後するような能力差かと。

 

4着サクセスエナジー

砂を被るのが苦手な馬ですが、最内からの競馬でよく頑張りました。最低限もう少し外目の枠が欲しかった。

 

5着ブラゾンドゥリス

砂を被るのが苦手な馬なので、芝のうちにマテラスカイが内に入ってくれたのは大きかったと思う。2走前にはウインムートとも差のない競馬をしていて、能力の最大値にはさほど差はないと思う。

この馬は能力を発揮しきれる状況が少なくて、「砂を被らない枠順」が最低限必要で「距離短縮」があればベスト条件という感じ。

 

6着ドリームキラリ

最後ウインムートが前でふらふらしてて抜けきれなかった。これがなければ3着ならあったように思う。番手でも競馬ができたのは大きかったし次走以降も注意しておきたい。

 

7着キングズガード

高速ダートの1400戦はさすがに厳しかった。コース形態的に前がなかなか止まらないなので、そういうところも考慮すれば健闘していると思う。次走以降も注意。

 

11着ルグランフリソン

砂を被るのがかなり苦手な馬なので枠順とポジションの不利が大きかったです。ゆったりポジション獲れそうなメンバー構成で、外枠入れればチャンスはあるはず。

 

13着ドライヴナイト

この馬にしてはちょっと忙しすぎた感じ。もっとゆったりポジション獲れるレースなら。