2018ジャパンダートダービーの予想です。本命グレートタイム

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

 

2018ジャパンダートダービーの予想です。

 

◎グレートタイム

前走ユニコーンSは直線で狭いところに入ってしまい、なかなか外に出せなかったわけですが、進路が開けてからの伸び脚は素晴らしかった。序盤のポジショニングに難のある馬なので距離延長もプラスに働くはず。内を突ける馬なので枠順もまずまずいい。

強敵の多いレースではありますが、戴冠の可能性は十分あるでしょう。

 

○ルヴァンスレーヴ

まず前走ユニコーンSについては、3角4角の緩んだところでポジションを上げることができたのが大きかったと思う。内を突いた経験がなくて外を回す必要があるので、コーナーで速いラップを問われたときに差し損ねる可能性が出てくる。ドンフォルティスを相手に差し損ねた伏竜Sもそのパターン。

今回もそういうケースになる可能性は十分あるわけですが、グレートタイム以外の馬は逆転難しいんじゃないかと。1番枠は微妙なところではありますが、スピードがある馬なので好位にはつけられると思う。

 

▲テーオーエナジー

条件戦時代にグレートタイムとは2戦していて0.8秒差0.2秒差と完敗の内容。特に不利もなかったので逆転は難しそうに見える。

とはいえ500万下と兵庫CSを大差で連勝したのは立派だし、まだまだ底を見せていないところがある。スムーズに気分よく走れれば強そうなので、地方交流重賞向きかもしれない。

 

★ハーベストタイム

前走ユニコーンSはこの馬にしてはペースが速かった。最後に大きな不利があったので、それがなければ掲示板程度はあったかもしれない。前に行きたい馬なので距離延長はプラスになりそうだし、大井で戸崎騎手鞍上なのも心強い。

馬体重がずっと減っているのは大きな不安材料。展開利が大きそうなのでマイナスでも一応押さえておきたいとは思うが…

 

△ドンフォルティス

全日本2歳優駿では大きな不利がありながら0.2秒差の2着という内容。勝ったルヴァンスレーヴは最後かなり流していたので、不利がなければ逆転していたというような差ではなかったと思う。

前走伏竜Sではルヴァンスレーヴを相手に勝利していますが、3角4角での位置取りの差が大きかったと思うし、相手はソエ明けでプラス10キロでの出走というのも影響していたように見える。

血統的にもヘニーヒューズ産駒で2000Mはちょっと微妙かなぁと。

 

△オメガパフューム

前走古馬の1000万クラスを相手に勝ちきっているのは評価できる。出遅れ癖があるので、大外枠からリカバーできるかというと微妙なところ。ミルコがお手馬被ったときの選択にミスが少ないのも不安。3着ならなんとか…という感じで押さえに。川田騎手が海外遠征を1日先延ばしにして騎乗しているのはプラス材料かも。

 

馬券は◎○→◎○→他の3連単と、ルヴァンスレーヴがこけたとき用にグレートタイムからの馬連流しを買っておこうかと。