2018マーキュリーカップの予想です。本命ミツバ

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

函館記念の回顧の前に(◎エアアンセムなのに外してしまった…)、交流重賞マーキュリーカップの予想です。

地方の競馬場ですが高低差の大きいコースになっており、スタミナが要求されます。

さらに真夏日が続いていることもあって、比較的時計がかかっているように見えます(散水を行う可能性もありますが)

通常の地方交流重賞よりもスタミナ、パワーを問われるという感じで予想を組み立てたい。

 

◎ミツバ

昨年の勝ち馬。不器用な馬で安定感に欠けていましたが、今年に入って2着2回4着1回と安定している。松山騎手が手の内に入れたように見え、人馬ともに成長している印象を受けます。

他のメンバーとは1枚も2枚も格上のメンバーを相手に好勝負を演じていることからも、ここでは最上位の一頭でしょう。55キロの斤量はかなり恵まれています。

馬群がバラけやすい地方競馬向きなこともあり、チャンスは大きいと思います。

昨年の川崎記念の敗因に「パサパサのダートが合わなかった」という話もあり、当日の馬場状態は合わない可能性もあるんですが、川崎記念程度に走れれば好勝負必至じゃないでしょうか。

 

○フェニックスマーク

4連勝中でまだまだ底を見せていない強みがあります。

前走は初のOP競走で着差も僅かでしたが、直線で馬群に飲まれそうになりながらも、二枚腰を発揮しての勝利。初距離テン乗りで大事に乗っていた印象を受け、さらなる上積みを期待できるレース内容でした。主戦の横山典騎手に手綱も戻り、うまくレースメイクができれれば逆転のチャンスもありそうです。

戦績のわりに持ち時計がイマイチなんですが、逆にパワー系のダートが合っているかもしれません。

 

△ザイディックメア

5走前にユラノト相手に勝利を収めていることを評価。内々でタイトに競馬ができるので、ハマればチャンスはありそう。

当日はジャパンジョッキーズカップが開催され、ルメール騎手も来場しているんですが、わざわざ中京から和田騎手が遠征している。ここでも通用する手応えを感じているのかもしれない。

 

△エンパイアペガサス

3連勝中の地元馬もフォローしておきたい。

このレースは過去10年で地方馬が3回も連対しているので、パッサパサで時計のかかるダートならチャンスはありそう。

 

買い目は1着◎○2着◎○△3着◎○△の馬単3連単予定。

他の中央馬について

 

・ヨシオ

この炎天下に中1週→連闘はさすがに厳しいか…

 

・マイネルバサラ

脚抜きのいいダート向きで馬場状態に不安。さらに57キロでは…