【7/21】土曜開催の注目馬

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

 

重賞がないので今週も注目馬を数頭挙げておきます。

 

函館10R函館日刊スポーツ杯

ダノンスマッシュ

同世代の牝馬2頭が人気しているんですが、戦ってきた相手を考えてもこっちの方が上だと思う。近走噛み合わない競馬が続いているので、本来の能力が発揮できればもっと活躍できるはず。初の1200戦になりますが、気性的にプラスに働きそうではある。

 

函館12R駒場特別

キタサンタイドー

前走は脚抜きのいい馬場も向いた感じですが、0.7秒差の完勝と素晴らしいレースぶりだった。2着馬ダノンロッソも次走完勝していて、レベルの高い一戦だったと思う。上のクラスでも活躍していたサトノプライムは強敵ですが、立ち回りの差で逆転できる。

 

福島3R

アカリダイヤモンド

前走は上位3頭が後続をぶっちぎったレースで、4着馬とは1.9秒もの大差をつけている。ゲートが苦手でスタート直後にふらつくところがあるので大外枠もいい。

 

福島5R新馬

ジョガールボニート

今年の2歳戦絶好調の相沢調教師&石川騎手のコンビ(なんと新馬戦を4つも勝利している)調教もまずまず動いているので初戦から期待したい。同レースでは良血のボスジラが人気していますが、国枝調教師は新馬戦あまり重要視していないように見える(アーモンドアイ、コズミックフォース、オウケンムーンも初戦は敗退している)ので逆転のチャンスは十分あると思います。

 

中京5R新馬

スギノヴォルケーノ

ハードな調教でおなじみの清水久厩舎ですが、それにしても立派な時計。実戦で発揮できれば即勝ち上がれるはず。

 

中京12R

デスティニーソング

上のクラスでも実績のある馬。降級初戦の前走人気を裏切ってしまったんですが、内で包まれてしまい、勝負どころで後手に出てしまったのが痛かった。この枠でスムーズに競馬ができればチャンスあり。フィリーズレビュー強かったギンコイエレジー、良血馬カーサデルシエロが強敵。