2018レパードステークスの予想です。本命イダペガサス

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

レース傾向など

・昨年こそ11番人気12番人気決着と大荒れになりましたが、2着までならさほど荒れないレースではある。

・コーナーのキツいコース形態なのでなかなかスピードに乗れない。基本的には逃げ先行を重視。

 

◎イダペガサス

前走アルクトス相手に敗戦していますが、内外の差もあったし初の右回りだったことを考慮すれば悪くない内容でした。3着以下は離していたし、古馬相手の1000万下でこれだけ走れれば十分でしょう。枠順もいいし人気も落ちているので今回は狙い時だと思います。このくらいの人気のときの三浦皇成騎手というのも楽しみ。

 

○アドマイヤビクター

前走は展開的に楽でしたが、まだまだ底を見せていないし上積みを見込めそう。このコース得意な戸崎騎手も魅力。前目でうまく競馬ができれば。

 

▲ビッグスモーキー

前走の古馬1600万下戦はメンバー構成的にもレベルの高い一戦で、そのなかで5着は悪くない結果でした。休み明け2戦目で大野騎手もテン乗りからの2戦目と前走からの上積みも見込めそう。内目に先行馬が揃っているので最序盤の立ち回りに不利が生じそうで少し評価を下げました。

 

★ドンフォルティス

前走は距離の壁を感じさせる内容ではあったんですが「いつもは装鞍所で大暴れするのに、それがなかった」らしく、休み明けで気持ちが乗ってなかったのかもしれない。ルヴァンスレーヴを物差しに考えればここでも上位の馬だと思うし、巻き返しのチャンスは十分あります。

 

△アルクトス

前走強い内容で能力的には上位の馬だと思う。跳びの大きい馬なのでコーナーのキツい新潟となるとちょっと不安。

 

△プロスパラスデイズ

追い込み馬はなかなか買いにくいんですが、人気もないので内々でロスなく競馬ができれば。

 

△エングローサー

こちらも内々で競馬ができれば突っ込んで来れるかも。

 

以上7頭。

人気のグレートタイムは能力的には最上位ですが、道中なかなか進んで行けない馬なので外枠のうえにコーナーのキツい新潟となると不安も大きい。