2018関屋記念の予想です。本命フロンティア

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

関屋記念の予想です。

予想のポイント

・最後の直線が660Mと非常に長いコースですが、意外と差しが届かない。直線が長すぎることで仕掛けのタイミングが遅くなりがちなのが原因と思われる。基本的には前目の馬を中心に考えたい。

 

◎フロンティア

前走は外に出すのが少し早すぎて噛み合いきれないレースでした。リライアブルエースと比べてもいいレースをしていると思う。2歳時は逃げて結果を残していた馬だけに脚質の自在性もあり、前目のいいポジションを獲れる可能性も比較的高い。不安材料は枠が枠なので詰まらないかどうか。長くいい脚を使うタイプなので進路を確保しながら競馬をしてくれると思うんですが…

 

○スターオブペルシャ

5走前はストーミーシーとタイム差なし。その次は休み明けで+20キロ&斤量4キロ差ながらワントゥワンと0.2秒差に健闘していて、重賞でも通用する資質はあるはず。前走は最終週の荒れた馬場と稍重を苦にした感じだし落鉄の影響もありました。前目でうまくポジションを獲れれば面白そう。2走前同条件の谷川岳Sも好タイムで走破していますし、それだけ走れれば馬券圏内は十分可能性あると思います。

 

▲ウインガニオン

前走はオーバーペースで参考外。2走前の安田記念は強い4歳世代を除けば最先着なので悪くない内容です。テンがあまり速くはないので最序盤の立ち回りがカギ。スムーズなら。

 

★ベルキャニオン

東京新聞杯は内有利で外を通った不利がありながら0.3秒差と好内容だったし、マイラーズCも前に不利な展開のなかでよく走っています。能力とオッズを考えるともっと重い印を打ってもいいんですが、なかなかハマらない馬はちょっと買いにくところもあり、4番手評価まで。

 

△ロードクエスト

3歳時はNHKマイルで2着に入るほどの素質馬でしたが長いスランプに陥ってしまう。年齢を重ねてズブくなってきたのが原因の1つと思われる。しばらく1200Mを使ったことで行き脚がつくようになり、最近では当時とは違った魅力が出てきました。前目から長く脚を使えればチャンスあり。とはいえ出が悪いというウィークポイントもあるのでヒモまで。

 

△プリモシーン

シンプルに能力だけで考えると最上位の馬だし斤量51キロは反則と言ってもいいくらい。スタートが非常に悪い馬なので、それだけが気がかり。「トモ高だった馬体がバランスよくなってきた」という陣営のコメントもあり、幾分かマシになってる可能性はある。なかなか差しが決まらないレースということもあり、人気を考えると押さえまでかなぁという感じ。

 

△ヤングマンパワー

夏馬で高速馬場適性も高い。休み明けが不安ですが、これだけ人気がないなら買う価値あるはず。スローを楽に先行したいタイプなので序盤の展開がカギ。大野騎手が土曜乗り替わりになっていたので、鞍上が誰になるかもちょっと不安ではある。

 

以上7頭。

エイシンティンクルは気性に難があり、距離短縮でよさが出てきた馬なので延長が不安。リライアブルエースは迷ったんですが「消し」にしました。中京記念とはあまりリンクしないレースだし斤量増は不安。とはいえ今年の中京記念は高速決着だったので例年と比べて求められた適性は近かったようにも見える。