2018エルムステークスの予想です。本命ドリームキラリ

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

エルムSの予想です。

まず札幌ダート1700の特徴として、

・ほぼ平坦

・コーナーが緩い

・最初の直線(約240M)も最後の直線(約260M)も短い

 

という感じ。

基本的には前有利だけどコーナーが緩いので、捲くりが効きやすいコースでもある。

さらに、週中の雨もあって脚抜きのいい高速気味のダートになりそうなので、前有利の傾向はさらに強まるはず。それだけに前がオーバーペースになる可能性も少なくないんですが、展開は蓋を開けてみないとわからないわけで、コース傾向に沿って前中心に予想を組み立てたい。

 

◎ドリームキラリ

ハナに立てばしぶとい馬なので距離延長で行き脚つくのはプラスになるはず。前走も2番手集団からよく伸びてきたし、直線で進路を確保できない不利もありました。うまくレースメイクできれば大崩れはしないと思うし、藤岡佑介騎手なら信頼できる。昨年3着馬で高速ダートの適性も高いです。

 

○ハイランドピーク

前走は前2頭が飛ばす展開でややオーバーペース気味の流れ。そんななかで強敵ユラノト相手に僅差の2着とよく頑張っています。条件戦での勝ちっぷりもよかったし重賞でも通用する実力はあるはずです。内のドリームキラリを見ながらポジション獲ってくれれば。

 

▲ロンドンタウン

夏馬で高速ダートの適性も高い。近走不振ですが一変の可能性は少なくない。

 

★アンジュデジール

平安Sのクイーンマンボがかなり強い競馬をしていたので、アンジュデジールもこのレベルなら通用してもおかしくない。微妙な人気薄の横山典さんも不気味だし、ご子息の和生騎手が人気馬に乗っている状況もおもしろそう。16日に牝馬限定の交流重賞「ブリーダーズゴールドカップ」があるのにこちらに出走しているわけで、もしかしたら横山親子の対戦を意図してのものなのかも。

 

△リーゼントロック

逃げ先行で結果を残していた馬ですが、前走は後ろからの競馬で上がり最速を叩きだしました。昨年末からトモの状態に不安があるコメントが続いていましたが、ようやく状態もよくなってきたようで、今が充実期に見えます。結果がついてきている時期なので押さえておきたい。

 

△ディアデルレイ

揉まれ弱い馬で単騎逃げがベストの馬ですが、前走は後ろからの競馬で結果を残しました。精神面での成長を感じさせるレースぶりだったので今回も押さえておきたい。

 

△モルトベーネ

内目前目がベストの馬なので少し外すぎる枠ではありますが、内のブラゾンドゥリス次第では楽に前目2番手が獲れそう。高速馬場の適性もあるので立ち回り次第でチャンスあり。

 

以上7頭。

現在1番人気のミツバは砂を被るのが苦手なタイプで内枠微妙だし、不器用なところがあるので多頭数の中央場所では不安も残る。人気と天秤にかけて思い切って「消し」にしました。