2018キーンランドカップの予想です。本命ペイシャフェリシタ

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

コース傾向としては「意外と前が残らない」んですが、レース傾向的には「前が残りやすい」

おそらく、前有利の意識が強すぎて「ハイペースになりがち」なことで差しが届くけど、重賞で先手が獲れるくらい能力の高い馬なら少しくらいハイペースでも押し切れるんだと思います。

なので基本的には「前目中心」土曜開催では最内が少し荒れているような感じがあったので、2番手集団から馬場のいいところを狙えそうな馬を上位に考えたい。

 

◎ペイシャフェリシタ

近2走不甲斐ない競馬が続いていますがCBC賞は枠とペースが合わなかった結果、前走アイビスSDも初の1000M戦で息の入るポイントを作れなかったのが痛かったです。その前にはセカンドテーブル、アレスバローズ、ダイメイプリンセスらを相手に勝利していますし、強敵が揃った阪急杯でも好走しています。重賞でも通用する能力は十分あるでしょう。年明けのカーバンクルSでは、今回人気しているナックビーナスよりも強い競馬をしていたと思います。

過去5年で4勝と相性のいい「牝馬」1200戦のわりにサンデー系の血統が走るレースという傾向にも合致しています。戦績的には「やや高速馬場向き」にも見えますが、ハーツ産駒なのでこれくらい渋ってる方がいいかもしれません。人気もガタ落ちしているので今回はねらい目だと思います。スタートさえ決まれば。

 

○デアレガーロ

1600を走っていたときはエンジンのかかりが遅い印象があったんですが、1200戦になった近2走はなかなか反応がよくて、距離が合っているようです。前走はスパート直後にブツけられて立て直す不利もあったなかで悪くない結果でした。コーナーが緩い札幌ということもあり、立ち回り次第では差し届くチャンスもありそう。元お手馬のナックビーナスが人気している状況での横山典さんというのも不気味。

 

▲レッツゴードンキ

単純に能力だけで考えたら1枚上の実力馬。「目標が先」「イン突きできる馬なので馬場の悪いところに入る可能性がある」のが不安なくらいで特に嫌う材料もないです。

 

△ヒルノデイバロー

メンバーがそろった函館SSでも強い競馬をしていますし、函館SS組は結果がリンクしやすいレース傾向もあります。実力のわりに人気しない馬なので人気がない間は買っておきたい。

 

以上4頭。いつものように本命からの単勝とワイド流しを中心に。今回は人気薄なのでデアレガーロからの単とワイドも買っておこうかと。

その他の馬について

・ムーンクエイク

初の1200ですが洋芝なら先手を獲れる可能性はありそう。能力的にもまだまだ底を見せていないところがあり、今回通用してもおかしくないです。とはいえ斤量58キロちょっと重すぎ。洋芝適性にも不安があり、この人気だと買いにくい。気を抜くところがあるので短縮競馬は合いそうですが。

 

・ダノンスマッシュ

前走は初の1200で見事勝利を収めたわけですが、気性的に短縮がハマった感じもあり、スプリント適性については半信半疑。メンバーも大幅に強化されるので、やはりこの人気だと買いにくいです。

 

・ナックビーナス

気を抜くところがあるのでモレイラと言えどもテン乗りでは不安。