2018札幌2歳ステークスの予想です。本命クラージュゲリエ

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

・コース傾向など

1角までが短く(約185M)先行争いが若干激しい。ですが、緩いコーナーで落ち着いて、ペース自体はさほど上がらない感じ。ミドルラップ程度を想定して、ある程度好位で立ち回れそうな馬を中心視したい。

 

有力馬について

・クラージュゲリエ

新馬戦は前の馬がペースを落とそうとしたタイミングで外から捲くられ、ポジションを大きく下げた上に掛かってしまった。4角でほぼ最後方と苦しい展開でしたが、ゴーサインが出てからの瞬発力は見事。能力的にはここでも上位の馬ですが、最内枠となると不安も大きい。スタートは悪くないですが、気性的に出して行って先行するのはリスクがあるし、後方からでは包まれる危険性もある。新馬戦は超がつくほどのドスローだったのでペースが上がってどうか。

 

・ウィクトーリア

新馬戦はドスローを逃げた結果ですが、ラスト3Fを11.7-11.6-11.6でまとめたのは立派。前走は輸送での熱発が影響して最終追切を行えなかったので、上積みも期待できます。ヴィクトワールピサ産駒でパワーが必要な洋芝の適性も高そう。枠順も内の先行馬を見ながらポジションを獲れる良いところに入れました。

 

・ラブミーファイン

前走1200の重賞で好走していますが、序盤少し追走苦労したこともあってマイルくらいの方が競馬がしやすそう。新馬戦も4着馬まで勝ち上がるレベルの高い一戦でした。課題は3Fの距離延長でしっかり折り合いがつくかどうか。ほんの少しだけ行きたがる素振りを見せるので、そういうところが若干気になる。

 

・ナイママ

初芝の前走はサンデーRの素質馬アガラスを相手に完勝。道営馬といえども重い芝なら侮れない。勝負どころでの機動力が足りない印象を受けたので、メンバーが強化されたうえに頭数も増えるのはどうか。さらに大外枠ともなると不安は多い。芝2戦目でパフォーマンスを上げてくればチャンスはありそうですが。

 

・アフランシール

新馬戦は余裕を持っての完勝。ハーツ産駒らしくエンジンのかかりは遅めですが、直線での伸び脚はよかったです。

 

予想

◎クラージュゲリエ

新馬戦のレースぶりを見ると死角も多いんですが、勝ちっぷりのインパクトも大きかったです。不安要素を1つずつ考えてみると、まずはペースが上がること。これについては行きっぷりもよかったので問題はないはず。次に最内枠から後方の競馬になると包まれる危険性があること。これについても最初の直線が短いコースで「前に行きたい馬」と「そうでもない馬」が前後分かれやすいので、比較的ポジション獲るのは楽なはず。新馬戦以上のレースぶりを期待したい。

 

○ウィクトーリア

ハイペースに巻き込まれた場合とナイママに突かれた場合が少し不安ですが、枠順もいいので比較的信頼度は高いと思います。新馬戦を叩いての上積みも見込めそうで期待も大きい。

 

▲ナンヨーイザヨイ

血統的に中距離で良さが出てくる可能性がある。距離延長だと折り合いがつくか不安ではありますが、折り合いの技術に長けている藤岡佑介騎手なら。

 

いつものように本命馬からの単勝中心で。現時点ではクラージュゲリエが思いの外人気しちゃってるんですよねぇ。3倍ちょっとくらいついてくれればいいんですが。