2018新潟記念の予想です。本命メートルダール

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

新潟記念の予想です。

最初の直線も最後の直線も非常に長いので「序盤のポジショニングの意識が低い」「脚を溜めたい」という意識が働くのか「スロー気味の流れ」になりやすい。近年はそこそこ流れる傾向にもありますが、それでもミドルペース程度のラップ構成。逃げ馬目線で考えると、ハイラップを刻んだ場合に息を入れるタイミングを作りにくいコース形態というのも影響しているように見える。今回もミドルからスロー気味の意識を持って予想したい。土曜開催を見ると外差しが効きやすい馬場状態だったので、外差し決まりそうな馬を中心視したい。

 

◎メートルダール

本命はメートルダールにしました。基本的には「スロー向き」で後半速いラップを問われるレースに強い馬ですが、新潟の長い直線ならミドルラップでも対応できるかなと。長くいい脚を使うタイプなのでコース適性も高いと思います。近2走結果が出ていない馬ですが、大阪杯はメンバーが強かったうえに内外の差が大きかったレースで、外を回したのも痛かった。金鯱賞も4Fロンスパ戦で大外を回ることになる厳しいレースでした。新潟の長い直線なら巻き返しのチャンスもあるはずです。当日は晴れ予報で馬場状態の把握も難しくなりそう。そんななかで馬場読みに長けている福永騎手というのも心強い。

 

○ブラストワンピース

個人的には世代ナンバーワンの馬だと思っていて、能力だけで考えたら1枚も2枚も上の馬ではあります。なんですが、適性的には新潟の長い直線は向いていないようにも思う。ハービンジャー産駒は器用で加速力の高い馬が多く、この馬もそういう傾向が強い。内目好位で競馬ができればチャンスは大きいと思いますが、「スタートに不安がある」「前半スローのレースしか経験したことがない」「距離短縮」となるとポジションを獲れるか不安もある。悪い方にブレても上位争いできるほど能力差は大きいと思いますが、勝ちきれない可能性も少なくないかと。

 

▲ストーンウェア

じりじりと脚を使うタイプなので新潟の長い直線は合うと思う。メイSもレベルの高い一戦だったし、ここでも通用する能力はあるはず。

 

以上3頭。本命からの単勝とワイドで。

その他の馬について。

セダブリランテスは骨折明けに大外枠、トップハンデと不安材料が多い。グリュイエールは気性的に少し間隔が空いたことと距離延長が不安。戦績を見ても短縮の方が向いてそうです。