2018小倉2歳ステークスの予想です。本命ファンタジスト

スポンサーリンク

投稿時間がまちまちなので、読者登録していただけると更新がわかりやすいです!

小倉2歳Sの予想です。

 

コース傾向など

下り坂スタートということもあって序盤速くなりやすい。逃げや2番手あたりの馬には厳しい流れになるので、アサクサゲンキ、レーヌミノル、シュウジのように能力の高い馬でないと押し切るのは難しい印象。置いて行かれない程度にはスピードがあって、好位で立ち回れそうな馬を中心視したい。

 

◎ファンタジスト

新馬戦は2着3着4着馬が次走勝ち上がるレベルの高い一戦でした(4着馬はダートですが)。直線で抜け出すとソラを使うはヨレるはで大変なレースでしたが、しっかり勝ちきったことを評価。 調教時計を見ても明らかですが1回使ったことでの上積みが大きそうです。「初の右回り」「スローだった新馬戦から大幅にペースが上がること」と不安もありますが、潜在能力の高さを期待して。

 

○セプタリアン

新馬戦での敗戦は、差し競馬を覚えさせようとしていたのか大きく折り合いを欠いたのが原因です。2戦目の前走は順当に勝利。自ら速めのペースを作って余裕を持っての完勝でした。逃げ馬に不利な傾向のあるレースなので新馬戦での「教育」がうまく実を結べばチャンスあり。内目の枠がちょっと不安ですが、ハイペースで馬群がばらければ詰まる可能性は比較的少ないと思います。

 

以上。ファンタジストの単勝とワイドで。

その他の馬について。

 

・シングルアップ

フェニックス賞はペースのわりに勝ち時計が物足りない。ですが+14キロの馬体増も影響あったと思うし、絞れてくればパフォーマンスを上げてくるはず。先行志向の強い松山騎手なのでハイペースに巻き込まれないかが不安。

 

・ルチアーナミノル

未勝利戦の勝ち時計はフェニックス賞以上。ペースを考えれば評価できる内容です。枠順的にも前で競馬をする可能性は高そうなので、そこから押し切れる能力があるかというと微妙かなぁと。